高卒資格の最短の取り方 高校中退、中卒から最短の方法

高卒資格の最短の取り方 高校中退、中卒から最短の方法

取得した後が大事

高卒資格を最短で取得するには高卒認定試験が1番最短です。

高卒認定試験を知らない人はコチラからご覧いただけます。

この他に高卒資格の取得方法として2つです。

  • 通信制高校
  • 定時制高校

です。高卒認定試験との違いは

  • 通信制高校・定時制高校は高校卒業資格が得られます。
  • 高卒認定試験は高校卒業資格は得られません。

です。

どちらかの選択肢を選ぶ際1番大事なことは
取得後にどうしたいかによって高卒認定試験か通信制高校かを選ぶことが大事になってきます。

専門学校、大学、短大など進学

もしあなたが進学のために高卒資格を取得したい場合は、高卒認定試験で可能です。

高卒認定試験の合格者は専門学校、短大、大学への受験資格を得ることが出来ます。16歳の時点で高卒認定試験に合格し18歳になるまで留学しておくという選択肢を選ぶ受講生も少なくありません。

就職のため

下記は中小企業(10人以下)に採用においてどこを重視するかのアンケートです。

  • 学歴よりもやる気を重視…65%
  • 人柄や協調性………………22%
  • 学歴………………………… 5%
  • その他……………………… 8%

※ ライセンススクールコーポレーション中小企業採用意識調べより

大企業と違い中小企業は学歴よりもやる気や人柄など人間性を求める傾向にあります。

これも何をするかにより異なるとは思いますが、学歴があるよりも採用する人が何に精通しているかが非常に大事な指標です。

だからといって学齢がないよりあるほうが良いでしょう。

このアンケートではいろんなことが考えられますが、少しでも有利に運びたいというのであれば通信制高校の高校卒業資格を取得する選択肢もありでしょう。

知っておくべき重要な事

高校卒業資格は通信制高校や定時制高校を卒業すれば取得はできます。が・・・

以下は通信制高校・定時制高校を卒業後に就職の際有利かどうか世間の声の1部です。

Aさん

正直なところ、高校卒業後に高卒のまま就職するならば通信制や定時制を卒業するのは、就職が不利以前に
学校斡旋の就職口が少ないと思われます。
高卒のまま就職するのでしたら、技術系高校を卒業された方が地元の大きな会社への就職も期待できると思います。
信制や定時制は、本人の努力次第で赤点ギリギリでも卒業は出来ると思います。
しかし、将来を考えるのでしたら、高卒のままではなく大学や短大、専門学校へ進学なされることをお勧めします。

Bさん

理屈の上ではそうなのですが、実社会の現実では通信制出身者は全日制と同様には受けとめられません。
差別でなくとも、全日制出身者が大多数なのですからこれは仕方が無いです。大学に行かなくても良いのですが、専門学校に行くなりしていわゆる手に職をつけないと、同年齢の大卒者(これも今では多数派ですね)とは、「特に若いうち」は色んな意味で差が出ます。

※ヤフー知恵袋抜粋
このような意見がまだまだインターネット上に書かれています。

結局大事な事は取得後に何をするか

結局、通信制高校定時制高校を卒業してもそんなに就職に有利に働きにくいのが現実です。もちろん中卒のままよりはいいのですが・・・上記にも書いてあるように

資格や大学・専門学校を目指す事が1番重要です。

高卒資格の先に何かに進むことが前提なんです。取得してから数年経ってからでも良いと思います。そう考えれば通信制高校などは時間がどうしてもかかってしまいます。先に進む事が前提であれば最短6ヶ月で取れる高卒認定試験で十分でしょう。

  • 大学にも
  • 専門学校にも
  • 高卒以上しか受けられない資格

でも高卒認定試験を合格すれば全てが可能となります。

ちなみに高卒認定を受ける際、

  • 高卒認定参考書を使いながら独学するタイプ
  • 対策講座を行うタイプ

2つに分かれます。基準は

  • 高校1年生の勉強を理解しているかどうか

で独学するか講座を受けるかは決めましょう。

先に進むことが前提であれば時間と費用面で高卒認定試験はオススメです。まあ、それも人それぞれです。

このサイトでは

この3つについて色んな角度から紹介しています。色々知った上で高卒資格か高卒認定試験かを考えてみてください。