インターナショナルスクールで高卒資格は取れるのか

インターナショナルスクールで高卒資格は取れるのか
インターナショナルスクールで高卒資格は手に入ります!?

最近ではインターナショナルスクールやアメリカンスクールなど進学に色んな選択肢があります。親としてはグローバル時代に合わせ教育を行いたいのでしょう。インターナショナルスクールなどに進学を考えた場合、心配なことが日本の高卒資格が得られるのかということです。将来日本の大学や専門学校に進学することを考えれば高卒資格が手に入らないのはやはり困ってしまいます。

インターナショナルスクールで高卒資格は取れますが・・・

高卒資格は取れる学校と取れない学校があります。

・外国の高等学校相当として指定された学校

・国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた学校

・上記の学校を卒業して18歳に達していること


※文部科学省が高等学校相当として指定した学校一覧はコチラ
であれば高卒資格が得ることが出来ます。全国にあるインターナショナルスクール数は2008年時点で88校。これ以外にインターナショナルスクールと唄っているプレスクールが無数にあります。なので入学を考えているスクールは文部科学省が相当と認めているスクールなのかどうなのかをまずはチェックする必要があります。

文部科学省が相当と認めていないインターナショナルスクール卒業をして高卒資格を得たい場合

上記のような事を知らずインターナショナルスクールに入学した人も少なからずいるはずです。そんな人は日本の高卒資格はありません。日本で大学や専門学校に進学が出来ません。そこで高卒資格を取得する必要があります。最も活用できやすいのが高卒認定試験です。この試験であれば最短6ヶ月で取れます。

外国にあるインターナショナルスクール(外国人学校)を卒業した場合

外国の正規の学校教育における12年の課程を修了していれば大学受験資格が得られます。又は文部科学大臣の指定を受けている在外教育施設の高等部を卒業すれば大学受験資格が得られます。仮に文部科学大臣の指定を受けている在外教育施設の高等部を卒業せず高卒認定試験で目指す場合でも文部科学大臣認定の在外教育施設で科目を修得した人は免除科目が出来ます。

外国にあるインターナショナルスクール(外国人学校)を卒業した場合
又上記にあげた

・外国のインターナショナルスクールに通っていた場合

・11年以下しか教育課程を修了していない場合

・小学時代は日本で中等部高等部を外国で修了した場合

などなど色んなパターンがあります。詳細は文部科学省のホームページをご確認ください。
インターナショナルスクールは数多くあり通っている学校がどうなのか、という事は高卒資格を取得する際大きく関わってきます。