平成29年高卒認定試験日程と時間割と変更点

平成29年高卒認定試験日程と時間割と変更点

平成29年の高卒認定試験の日程は以下です。

8月試験
願書開始日 平成29年4月5日(水曜日)
試験日 平成29年8月2日(水曜日)、8月3日(木曜日)
11月試験
願書開始日 平成29年7月21日(金曜日)
試験日 平成29年11月11日(土曜日)、11月12日(日曜日)

平成29年高卒認定試験の時間割

平成29年度の、高卒認定試験科目の時間割を見てみましょう。
試験時間はそれぞれ50分間で、科目間の休憩が30分間、2時間目と3時間目の間に昼食休憩が1時間取られています。

まず1日目は、国語・英語・数学の主要3科目と、理科・社会の選択科目の一部が行われます。

【1日目】

  • 1時間目( 9:30〜10:20)…物理基礎
  • 2時間目(10:50〜11:40)…現代社会または政治・経済
  • 3時間目(12:40〜13:30)…国語
  • 4時間目(14:00〜14:50)…英語
  • 5時間目(15:20〜16:10)…数学
  • 6時間目(16:40〜17:30)…科学と人間生活

高卒認定試験の日程2日目は、社会・理科の選択科目が順次行われます。選択した科目によっては、時間が空いてしまうこともあります。

【2日目】

  • 1時間目( 9:30〜10:20)…倫理
  • 2時間目(10:50〜11:40)…日本史(A・B)/地理(A・B)いずれか1科目
  • 3時間目(12:40〜13:30)…世界史(A・B)いずれか1科目
  • 4時間目(14:00〜14:50)…生物基礎
  • 5時間目(15:20〜16:10)…地学基礎
  • 6時間目(16:40〜17:30)…化学基礎

なお、それぞれの時間は試験の解答時間であり、その10分前までに入室している必要があります。

1時間目や昼食休憩後は、時間に遅れないよう余裕を持って行動しましょう。

特に、自宅から試験会場まで距離がある場合は、交通機関の遅れなど不測の事態に備えて早めに行動するほうが良いでしょう。

どうしても心配なときは、会場の近くに宿泊することも検討しましょう。

また、休憩時間や試験の空き時間は、基本的にどこにいても自由ですが、大きな声での私語は慎みましょう。会場には控え室が用意されていることがほとんどなので、そこで勉強したり休憩することが出来ます。

会場によっては、喫煙や飲食が出来る部屋が限られていることもあるので、指示に従いましょう。高卒認定の日程は年始1月〜3月に決まることが多いです。文部科学省の情報をチェックしましょう。

27年試験範囲変更科目

27年から試験が少しだけ変更になります。

大幅な変更ではありませんが、今までは平成15年4月〜平成23年3月までの教科書の範囲から出題されていました。

27年から平成24年4月以降の教科書から出題されるようになります。対象科目は以下です。

平成26年度第2回試験まで
試験科目 出題範囲
国語 国語総合
世界史A
世界史B
世界史A
世界史B
日本史A
日本史B
日本史A
日本史B
地理A
地理B
地理A
地理B
現代社会 現代社会
倫理 倫理
政治・経済 政治・経済
英語 英語T
平成15年4月〜平成25年3月の高等学校入学者が使用している教科書
平成27年度第1回試験から
試験科目 出題範囲
国語 国語総合
世界史A
世界史B
世界史A
世界史B
日本史A
日本史B
日本史A
日本史B
地理A
地理B
地理A
地理B
現代社会 現代社会
倫理 倫理
政治・経済 政治・経済
英語 コミュニケーション英語T
平成25年4月以降の高等学校入学者が使用している教科書

が対象科目です。

世界史、日本史、地理のABの選択について

世界史、日本史、地理に関しては選択する必要があります。それぞれABの違いは出題されている範囲が異なります。世界史であれば近年代とそれまでの時代などという形で別れています。この選択を出願する時に決める必要はありません。試験日当日問題を見て選択する事が出来ます。

現代社会の選択について

現代社会は現代社会1科目又は倫理と政治経済この2科目のどちらかを選択する事になります。一般的には受験科目が少ない現代社会のみを選択される方が多いでしょう。
倫理と政治経済を選択した場合は

  • 2科目合格が必要
  • 2科目免除が必要
  • 1科目合格。1科目免除が必要

とこの3つのどれかに当てはまる必要があります。

まとめ

平成29年度は26年度の科目変更(科学と人間生活)のような大幅な変更ではないでしょう。
カリキュラム変更があった箇所が出題されると予測されますが、詳細は不明です。
今までの傾向を考えると問題の中から1〜5問程度変更箇所が出される可能性があるかもわかりません。基本は過去問を対策するアイテムとして活用しましょう。