高卒認定の東大

転入の手続きと時期

定時制高校の編入に関しては、高校を一度退学してから入学する事となりますので、在籍した中学校から

「報告書」

「入学願書の提出について」

を用意してもらう必要があります。

転入に必要な書類

転入に関して必要な書類は

「単位証明書」

「成績証明書」

が必要となります。そちらを現在通っている高校から用意してもらう必要があります。約2週間ぐらいで用意が可能です。
願書は本人から転校、編入先の高校へと提出を行います。願書の取り寄せですが、郵送で行っている高校もあるようです、基本的には転校先の高校へ願書を取りに行くことになります。


>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

編入時期に関して

自治体、学校によって違いがあるようですしかし年に複数回の期間を設けております。
下記はある高校の日程です。
◆前期実施 3月24日から25日に学力検査
◆3月27日に合格発表
◆後期実施 9月11日から12日
◆合格発表 9月18日
日程に関しましては、かなりのバラつきがあります。また願書受付に要する期間も存在します。
その点を考え、年初に一度受験する高校へ問い合わせをする必要があります。
また、定員数と言うものも存在します。どこの高校も試験を実施し、受け入れる体制があるとも限らないのです。

まとめ

当然、編入する時期に関しましても試験の時期に変動があれば入学時期にも影響します。問い合わせは事前に行います。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP