高卒認定の東大

定時制高校の学費 私立と公立の違い 就学支援金を知っておく

定時制高校の学費ですが、公立高校の定時制と私立高校の定時制ではやはり大きな差があるようです。当たり前の事ながら公立高校の魅力は学費が安いことです。定時制高校も例外ではありません。


就学支援金

平成26年度より「就学支援金制度」が実施されています。国から支給されるものですが、授業料が減額されます。就学支援金の支給額は保護者の所得により増額がなされます。
総額幅は1.5倍~2.5倍

年収350~590万円世帯では 1.5倍

年収250~350万円世帯では 2.0倍

年収250万円未満世帯では   2.5倍

となります。(平成26年度4月からの新制度より)支給額の基本は

公立定時制高校で「月額2700円」

私立定時制高校で「月額9900円」

となります。
(授業が単位制の場合その限りではございません各市町村窓口にお問い合わせください)
支援金の流れは国から各都道府県に交付され各都道府県は各学校設置者に対し就学支援金の支給を行います。
各学校設置者は就学支援金を受領し各学校設置者は就学支援金と授業料を相殺し生徒へ授業料の請求をします。生徒側に支援金が支給されるわけではないと言う事を理解しておく必要があるかと思います。


公立高校就学にあたって掛かる金額です(目安)

授業料2700円

給食費5300円

その他高校によってはPTA会費、生徒会費、積立金等発生する高校もあります。


私立高校就学にあたって掛かる金額です(目安)

私立高校であるため、各高校によりかなりの差があります。

年間受領量は20万円±10万円程度

入学金15万円±10万円程度

その他高校によって施設設備費、積立金等掛かる場合が多いです。各市町村窓口に一度確認を取り就学支援金の制度を用いるめ、必要書類を揃えどれだけの金額が援助されるのかを見定め、入学する高校を選定する方法が定時制高校を選ぶ上で重要なのではないでしょうか。

>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

まとめ

なんといっても定時制高校は特に公立は安いのが特徴。昼間は働き夜から学校に行く人にとっては良いでしょう。でもメリットばかりではありません。卒業率は公立は悪くなってしまいます。サポート体制が薄いという要因があるようです。今までにはなかった就学支援金が出来た事によりより一層経済的な事情という要因が減少し入学しやすくなっています。

逆に入学しやすい=中退率が上がる

こうなると本末転倒なので自分にあった学校選びを行いましょう。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP