高卒認定の東大

定時制高校 面接の仕方ポイント

実際にあった定時制高校の面接要項です。事前に面接の項目が手渡される高校もあるようです。出願高校に問い合わせが必要です。

学校を志望した理由

高校でがんばりたい事

卒業後の進路、将来の夢

学科の特色、自分にとって魅力的な部分

中学校生活で特に頑張ったこと

生徒会活動や部活動を通して学んだ事

中学校生活1番の思い出とその理由

好きな教科とその理由、不得意教科とその克服のための取り組み

集団生活で大切だと思うこと

自分の長所と短所

最近興味を持ったニュースとその理由

自分のPR

上記の12点ですが、面接重視の定時制高校が多い関係で質問項目も多くなっている傾向があるようです上記の項目とは別に、突発での質問もあるようです。正直な気持ちで答える姿勢が大事しょう。時間は10分間程度が目安となります項目についても各高校で全然違った質問がされますのでどんな質問にも答えていきましょう。

先だって提出されています、志願理由書を元に質問が組まれていきます。

「この様に書かれていますけれども」

「これについて詳しく聞かせてください」

そんな感じで聞かれます。不登校等あればその理由についても聞かれます。わからない質問については、正直に質問の内容を聞き返し返答が見つからない場合は「わかりません」と正直に答える様にしましょう。


>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

一連の流れで気を付ける事

面接官の目を見る事が基本ですが、目を見る事が出来なければ胸元、ネクタイのあたりと見つめ、面接官の質問に答えてください。入出時には「トントン」とノックして、「失礼します」と一礼してから入出しましょう。退出時にはやはり「失礼します」と一礼し、退出するようにしましょう。

面接間に対して、やり過ぎと言う事はないので恥ずかしがらず、自分にできる、自分が考えうる誠実さで面接にのぞみましょう、自分が面接官ならばと考える事も一つの方法かもしれません。

まとめ

面接のポイントを書いていますが、1番重要な事は正直さです。面接官は大人です。その場で取りつくろっても分かります。そのあたりを分かった上で

どんな人間なのか

協調性はあるのか

続けているけるのか

このあたりを判断します。良い事だけを並べるのではなく、自分をさらけ出す事も面接では重要になってきます。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP