高卒認定の東大

定時制高校から就職はどの業種が多いかと就職率

定時制高校の就職については

普通科

技能を習得できる専門科

なのかで変わっていきます。
おおよそこのあたりが占めています。
1)製造業
2)宿泊
3)飲食サービス業
4)卸売り
5)小売業、
6)生活関連サービス
7)娯楽業
個人的な見解では普通科を卒業する生徒は

左官関係

運輸関係(トラック運転手等)

町工場等の製造業

アルバイト等のサービス業

普通科を出てもやはり資格がなければブルーワーカーが選択肢になりがちです。手に職を付けるために飲食業界、建築業界等に就職する方も多いようです。

専門科の生徒の就職業種

専門教育を受けている方の就職としてはその技術を身に着けた道に進むと言う筋書きができます。電気関係の資格を取ることができれば電気関係の仕事へ。国家資格等持っていれば、その資格を必要としてくれる業界へ。通信関係、情報処理関係の資格を持っていても同様就職口はあるでしょう。現在の世の中はネットによる構築された世界です。SEの存在はどこの業界でも必要不可欠な存在となります。営業関係の仕事を望むのであれば、資格等必要なく現在でも求人はあるでしょう。

どんな高校を出ていようと進学しないのであれば資格を持っていないと現在の世の中では良い就職には恵まれません。自分の将来の姿を早目に描いてそれに向かって何が必要なのかを調べ、資格を取ることをお勧めします。因みに、難関の一つと言われる「司法書士」は高卒であれば他の資格は要しません。

就職率について

就職率についてですが、営業等仕事を選ばないのであれば就職率は高く、80%を超えています。しかしながらそのまま仕事を継続できるのはほんの1部です。


>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

就職率を上げる方法

継続出来る仕事を定時制高校を卒業して行う為には

資格を取得する

大学に進学する

専門学校に進学する

これらが仕事の幅や正社員になれる確率を上げてくれます。かといってもこれらには学費がかかってきます。定時制高校や通信制高校に入学する生徒は母子家庭や生活保護を受けている生徒が多いのは良く知られている事です。(余談ですが、最終学歴と家庭の経済状況とは比例する事は発表されています)という事は上記に進学したくても実際には学費の関係から進学が出来ないという生徒もいるのです。しっかり調べれば奨学金などそういった人たちの為に学費を支援する制度は用意されていますが、そこまで調べず諦めてしまう生徒のいるのも現実。今、このホームページを見ているあなたはしっかり調べれば何らかの支援制度がありますので諦めず頑張ってください。

【資格を取得する】
資格を取得する事で就職幅は大きく広がります。今では

ネイル

IT

美容

福祉

医療

と仕事に役立つ専門学校は多数あります。資格を取得して就職しやすい環境を作るのは何も定時制高校の生徒だけではなく通信制の生徒も全日制の生徒にも共通している事です。世の中は何かに特化している人が重宝されます。ただ高校卒業資格を取得したという実績だけで就職活動をするのではなく、プラスアルファーの武器を持って就職活動に挑みましょう。

【大学進学】
先生との個別面談で就職の事やそれに付随するガイダンスが3~4年時にかけて行われますが、実際に卒業までいく生徒は入学時の6~7割程度です。そこの観点から考えると定時制高校からいきなり就職という事を行うには意識がまだまだ浅いのではと感じます。であれば大学に進学をし2~4年間の間に自分が社会人になる意識を養うのも1つの方法でしょう。意識とプラスして学歴も伴いますのでより有利に就職がしやすくなるでしょう。

【専門学校に進学する】
資格を取得する事と類似しますが、実際に専門学校に通うのはかなり有用です。専門学校では学校紹介就職のインフラが整っていますので技術さえマスターすればほぼ自動的に就職先があります。学費の関係はありますが、この選択肢も入れておくべきです。

まとめ

定時制高校から就職する業種や就職率を上げる方法を紹介しましたが、通信制高校高卒認定試験を取得した後の進路と変わりはないのが印象です。大事な事はその人です。もちろん学歴は大事ですし高校卒業資格や高卒認定試験も大事です。そこは最低限ありそこからはその個人が如何にアピール出来るポイントを持っているのか。その為には資格なども良い手段の1つでしょう。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP