高卒認定の東大

中卒学歴コンプレックスが消えない

中卒学歴コンプレックスは一生消えません
高卒認定試験の受験者で多いのは15歳~25歳が約80%前後を占めます。続いて30代40代となっています。1番多い受験者層の10代20代から高卒認定試験を受ける1番多い理由は

進学

就職

に活かすためです。30代40代も当然仕事や資格に活かすために高卒認定試験を受験します。下記にも書いていますが学歴コンプレックス中卒から抜け出そうとする若者も多くいます。ここには30代40代と共通する理由があります。

積極的になれない

社会にまだ出ていない若者は学歴コンプレックスから積極的になれず自分らしさを出せずにいます。
「どうせ私は中卒だから何をやっても認めてもらえない」
「仕事を頑張っても評価されるのは高卒や大卒の人ばかりだ」

こういった思いがあるようです。

>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

世間が自分を追い込む

学歴コンプレックスなど感じていない人でも世間の風がそれを否定しているように感じます。普通に働いていても周りの大人から 「バイトばかりでは将来困るので高卒とって就職したほうが良い」
「初対面の人に中卒という学歴をいうと態度が変わった」
など。よほど自分自身が強ければ問題ないですが、やはり中卒の人のほうが圧倒的に少ない状況の中世間から上記なような対応や言動を言われてしまうと今までに気にしていなかったコンプレックスが頭の中をめぐるようになります。

30代40代になると中卒学歴コンプレックスが膨らんでくる
この年齢くらいになると高卒認定試験をわざわざ受ける必要がない中卒で正社員になり立派に企業で働き生活をしている人が受験をします。この人たちに理由を尋ねると

ずっと自分が中卒だという事が引っ掛ている

未だに周りの人と学歴の話をした時に高卒とつい嘘を言ってしまう

子供に学歴のことを強く言えない

このような理由を言われます。10代や20代の頃は自分の学歴の事は少しは気になっていたが仕事も収入もあるのでさほど気にしなかった。でも歳を重ねるごとに自分が中卒だという事が頭の片隅にあり、ふとした時にコンプレックスと感じてしまう。ほとんどの人が同じような事を話されていました。

中卒学歴コンプレックスは消えない
中卒の人でも始めからコンプレックスを感じていない人は何も感じません。しかし少しでも若い時に気にしていた人は全体的に歳を重ねるごとにコンプレックスは膨らみ消えないようです。収入も仕事もある30代40代の人が高卒認定試験を受ける理由です。

中卒、高卒、大卒どの状態でもコンプレックスは感じる

学歴コンプレックスは中卒の人だけが感じるものはありません。コンプレックスの大きさも中卒だから大きい、大卒だから小さいという事もなさそうです。

コンプレックスは自分自身で感じる事です。

コンプレックスとは

「自分が、他人よりもどこか で劣っていると感じる」事です。

これを解消するには自分が動く意外ありません。最終学歴が何かは一切関係ありません。


まとめ
もしあなたが10代20代で中卒だという事が既にコンプレックスだと少しでも感じているのであれば高卒認定試験を受けることをススメます。30代40代で今この文書を読んでいるコンプレックスをまだ持っている人はこのままの気持ちでこの先の人生を過ごしていきますか?コンプレックスは取り除かない限り消える事はありません。でも、学歴コンプレックスは取り除ける事が出来ます。毎回受験者の最高齢が60代前後の理由はまさにコンプレックスが消えていないのかも分かりませんね。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

お電話のお問い合わせはここをタップ
電話する
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP