高卒認定の東大

中卒から転職を成功させるポイント 資格がなかったら無理?

中卒から転職を成功させるためには資格がないと無理なんでしょうか?
そもそも企業は中卒者の転職をどう評価しているのでしょうか?

企業が中卒に対してどう評価していることを知りその上で転職を攻略する事が重要です。ここでは

これらを解説します。

中卒だと転職は無理? 企業が中卒者をどう見ているかを知る

結論から言うと、中卒という経歴は就職や転職の際に大きなハンデになる事実は揺るぎません。

まずここから目を背けないようにしましょう。

かつての日本では、さまざまな事情から高等教育を受けられず、中卒や高卒で働く人が大勢いました。

しかし、国民全体の所得が上がり、さらに少子化が進む現在では、高校どころか大学卒業が当たり前と言われる状況になっています。

大学で勉強をしたからといって、仕事の現場で役に立つスキルを身につけているかというと、必ずしもそうではありません。

大抵の仕事は、実際に入社してから業務内容を覚えたり、技術を磨いたりすることで一人前になっていくものです。

それならば、なぜ企業は学歴を気にするのでしょう?

仮に中卒の人が企業の面接に来たとします。
高校卒業はほぼ当たり前という世の中で、中卒。
そんな人を前にすると採用担当者は次の3つに当てはまる人材ではないかと考えます。

1)長続きしない人材

2)著しく能力が低い人材

3)協調性がない人材

これらに当てはまると判断されてしまえば、採用はほぼ不可能でしょう。

もちろん中卒でも何かをコツコツやり続けられる人や、周囲とのコミュニケーションも円滑に行いつつ業務を遂行する能力を持つ人も大勢います。

しかし、企業が多数の応募者の中から短期間で人材を選ぼうとしたとき、どうしても学歴が判断基準になってしまうのは仕方がないことです。

現実問題として、中卒フリーターでも生きていくことはできます。
しかし、人生の節目でフリーターからの脱却を迫られることもあるでしょう。

もっとも代表的なのは、結婚です。
「両親に結婚を報告するとき、旦那が無職やフリーターでは説得できないので正社員になってほしい」「子どもができて、収入を上げたいから転職したい」などがよくあるケースです。

いざこうした状況が目の前に現れたときに打つ手がないという状況にならないようにしたいものです。

中卒の転職は資格がいる?

中卒という武器だけでは、高卒や大卒の武器を持つ人と戦うのは難しいでしょう。

同じフィールドで戦えるようになるためには、やはり資格が必要です。
世の中にはさまざまな資格がありますが、中卒の人がまず狙うべきは高校卒業資格、または高校卒業程度認定試験の合格です。

仕事をしながら高校卒業資格を得るのは簡単なことではありません。

定時制や通信制高校という選択肢がありますが、ここに3年から4年程度在籍し、仕事と勉強を両立させ続けるのは大変なことです。

そこで時間に余裕のない人は、高校卒業程度認定試験にチャレンジすることがオススメです。

高認は高校卒業資格ではなく、あくまでも「高卒と同等の学力がある」という認定に過ぎません。

しかし文部科学省は企業に対し、高認試験合格者を高卒資格と同等に扱うようにとの要請を出しています。

もちろん高卒資格が取れるに越したことはありませんが、中卒よりは大きなアドバンテージになるでしょう。
もちろんしっかりと勉強をしなければ合格できませんが、高校に通うよりも負担は少ないはずです。

転職を成功させる3つのポイント

中卒の人が転職、またはフリーターから脱却して就職するためにはどのようにすればいいのでしょうか。ここでは3つのポイントを解説します。

1) 転職サイトや転職エージェントを利用する

転職サイトは民間が行っている求人情報サイトのこと。
登録された求人情報を自分で選び就職までの道を進めていきます。

一方、転職エージェントは求人者に対して担当者がつく形式のサービス。

求職者のスキルや学歴、資格にあった仕事を紹介してくれたり、サポートをしてくれたりします。

中卒でも転職サイトには登録可能です。

学歴不問の求人などが見つけやすくなるでしょう。
ただし、学歴不問の職業はどうしても職種が限られてしまい、おもに飲食や製造業などが大半を占めているようです。

2)人材不足の業界を見極める

就職が難しい職種もあれば、つねに人手不足に苦しんでいる業界も確実にあります。
たとえばIT関連や飲食、小売、宿泊、介護、建設などは慢性的な人手不足が続いています。

中卒から転職を目指す場合、どの業界に人が足りないのかを考えて動くことは大切です。

人手不足だからといってまったく学歴が気にされないというわけではありませんが、チャンスは大きくなるはずです。

人が足りていない業界の求人に重点的にチャレンジしたり、関係する資格を取得したりするなどの対策を立ててみるとよいでしょう。

3)身近なコネクションを利用する

身近な可能性に目を向けることも忘れてはいけません。

ごく近くに転職のチャンスが転がっていることは思ったよりも多くあります。
たとえば家族や友人に相談してみた結果、会社を紹介してくれてスムーズに就職できたという話は決してめずらしくありません。

また、アルバイトをしている人が所属している会社に相談したら社員にしてくれたという話も多くあります。

中卒の人が転職を目指す場合、どうしても学歴が問題になり書類で弾かれてしまうことが多いものですが、コネクションを使った採用であれば学歴に関するハードルは下がります。

普段から周囲の人に対して好印象を与えていないと紹介してもらうことはなかなか難しいかもしれません。

また、紹介された以上、就職した会社で中途半端なことはできません。
それでも、身近なコネクションは積極的に使うべきでしょう。

>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

工場や建築系に正社員として転職するポイント

工場、建築系の募集は常時豊富にありますが、正社員の募集となると、高卒が最低条件となっているケースがほとんどです。中卒の人が工場、建築系に正社員として転職するにはどうしたらよいのでしょうか。ポイントは以下の2点です。

1) 大手を狙いすぎない

大手の工場や建築会社の場合、正社員を狙う人の数は当然多くなります。

競争率が高くなれば、大卒や高卒の人が優先されてしまうため、中卒の人が正社員の座を勝ち取るのは困難になります。

また、大手企業の場合、非正規雇用で働くだけならば学歴不問でも、正社員として採用する場合は、ある程度の学歴を求めてくるケースがあります。

こうした前例を覆すのはなかなか難しいでしょう。

そこで中卒の人は、中小零細の工場や建築会社を狙ってみましょう。

ここでも学歴がハードルになるかもしれませんが、大手企業よりは正社員採用への可能性が高まります。

安定という意味では大手にはかないませんが、まず正社員の座を掴み取ることを第一に考えるべきです。

2)非正規で働きながら資格取得を目指す

建築系の職種には、それに関わる国家資格や民間資格がたくさんあります。

建築士の資格などは高等教育を受けないと受験資格がありませんが、受験に制限がない資格や、一定年数以上の業務経験があれば受験できる資格など、学歴がなくてもチャレンジできる資格も多くあります。

そこで、建築関係の現場で働きながら資格取得を目指してみるのもよい手段です。

現場で働けば、どんな資格があれば正社員にしてもらいやすいかという情報も入りやすくなります。

現場経験を積みながら資格を取って正社員への道を切り拓くというルートを目指しましょう。

20代30代40代それぞれに応じた男女の転職方法

一言で転職と言っても、年齢によってやるべきことや注意点は異なります。
ここでは、年代別に解説していきます。

【20代】

中卒20代の人は、長い目で就職や転職を考え、学歴を身につけることを狙いましょう。

働きながら通信制の高校に通うか、高卒認定試験の突破を目指すことをオススメします。仮に20代前半の人ならば、その時点から大学まで進学したとしても30歳前後で卒業できます。

働きながら勉強するのは簡単ではありませんが、少しでも高い学歴があるに越したことはありません。

将来のことを考えるのならば早いうちにチャレンジしておくべきでしょう。

【30代】

歳を重ねれば重ねるほど、転職は不利になります。

中卒30代で転職を考えている人 は一刻も早く動かなければいけません。
できれば高卒認定試験などにチャレンジしつつ、介護関係や建設関係の資格を取得するのもひとつのルートです。

介護や建築など慢性的な人手不足が指摘されている業界で使える資格を取得することで、中卒 30代でも転職や正社員への道がひらけてくるかもしれません。

【40代】

中卒40代での転職というのは、かなり難しいと考えておきましょう。

そもそも大卒であっても40代以上の人が転職をするのは容易ではありません。
採用する企業側の立場に立ったとき、20代で高卒の人と40代で中卒の人が応募してきたとしたら、よほどの問題がない限り前者を採用するでしょう。

もちろん可能性はゼロではありませんが、書類審査で落とされる可能性はかなり高くなります。

そのため、中卒40代の人は身近なコネクションを使って転職を進めるルートを最優先で考えるとよいでしょう。

この年代の人でも、30代と同様に高認試験や介資格取得を目指す ことも大切です。

大阪や東京ならば中卒でも転職しやすい?

地方都市と大都市を比べたとき、中卒でも就職しやすいのは圧倒的に大都市、東京や大阪です。
大きな都市になればなるほど、仕事の数も種類も増え、正社員でも学歴不問という職種が多くなります。

ただし、これはあくまでも一般論。

大都市にいるからといって必ずしも安泰というわけではありません。
なぜなら、大阪や東京などの大都市には多くの人材があふれています。

仕事の数も多いですが、ライバルもまた多いのです。さらに大都市には毎年若い人がどんどん流れ込んでくるので、歳を重ねていけば年々転職が厳しくなるのは明白です。

職種によっては大都市圏以外を狙ってみるのも手です。

たとえば、震災からの復興を進める地域では建築関係の人出が足りていませんし、外国人観光客が多く訪れる地方都市ではホテルや飲食業の人材が足りていないところもあります。

いずれにせよ重要なことは、大都市に住んでいて現状仕事があるからといって、楽観しないことです。

中卒という学歴を高卒や大卒にするための努力や、資格の取得を怠らないようにしましょう。

そして社会情勢に対する厳しい目線を持ち、必要であれば住む場所を変えて、新たな仕事に従事するような柔軟性や思い切りを持つことも大切です。

まとめ

ここでは資格取得を行うことが有利という立場をとって解説してきました。

実際に受講生の3000名以上の中卒の方は転職や就職をすることが厳しいと感じられている。

それは当社が高卒認定試験の講座の受講生の生の声を10年近くにわたって聞いてきた真実です。

まずはなんでもよいと思います。行動を起こしてみましょう。

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



人気ページ

高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP