高卒認定の東大

母子家庭に援助

平成27年8月31日読売オンラインによると

福井県でシングルマザーらがより良い条件で就職や転職ができるよう、県は高卒認定試験合格講座の受講費を一部給付する「学び直し」支援制度を設けた。認定試験に合格すれば、講座受講費の6割(上限15万円)が支給される、と報じました。

続々と全国で1人親世帯に普及を見せている高卒認定の支援制度。この背景にはどういった事があるのでしょうか。

なぜ受講費の一部が支給されるのか?

今回の高卒認定試験合格支援事業の対象者は、高卒認定の受験資格があるシングルマザーいわゆる「ひとり親」です。児童扶養手当の支給を受けているか、同等の所得水準であるということも支給条件に含まれています。

この給付金事業の対象者が示すことのひとつとして、シングルマザーら「ひとり親家庭」に貧困の連鎖が起こっているということです。

高卒認定の学習を支援する通信講座などは、20万円以上の受講費用が必要です。「ひとり親」が就職や転職のため、学歴を身に付けようとした場合、学生に戻る都合がつかなければ、高卒認定という選択肢を選ぶことはごく自然なことです。

その際、独学が難しいとなれば、やはり外部のサポートが必要です。しかし、ひとり親家庭の収入では、これを補うことが難しいというのが、現状です。

今回のニュースの中にもあるように、とくに母子家庭の平均年収は300万円を下回り、決して余裕のある生活を営んでいるとは言えません。親が向上心を抱いても、現実の経済状況からあきらめざるを得ない状況となっています。

貧困の連鎖とは…

シングルマザーらひとり親の収入が不安定であったり、低収入だった場合、以下のように、子ども世代まで、貧困がループしていく・・・これが貧困の連鎖と考えられているものです。


【貧困の連鎖】

親の貧困(親の仕事が不安定・親が低収入)

子どもが十分な教育を受けられない

子ども低学歴となり、進学・就職で不利を受ける

子どもの職業が限定的になる

子どもが安定した収入の得られる職につけない

子どもが親になる(のちに、ひとり親になる場合含む)

親の貧困


…という流れが貧困の連鎖です。厳しい言い方かもしれませんが、親が貧困だと子どももまた、貧困になる(もちろんすべてのひとり親家庭がそうだとは言いません)という現状が起こっているということです。

だから、これを経済的な側面から支援して、断ち切ろうというのが、今回の支援事業の大きな目的でしょう。



『県子ども家庭課は「本人だけでなく、周囲の人からも相談を受け付けているので積極的に活用してほしい」としている』

(本文より抜粋)



連鎖を断ち切るには、周囲の力を借りなくてはいけない場面もあるでしょう。県の担当者のお話しにもあるように、連鎖を断ち切るためにも、ひとり親の積極的な制度の活用が望まれます。

>>高卒認定の無料資料はココ<<
資料請求

今後のひろがりは…

私が担当した受講生さん(仮にAさんとします)の中に、実際にこの支援事業を活用されて講座を受講された方がいらっしゃいます。その方は、この事業を「市からの広報で知った」とおっしゃっていました。

Aさんの住んでいる自治体のように、自治体側からも、積極的にPRされることが望まれますし、ひとり親本人も、このような情報を手に入れる機会があれば、活用を検討してみることが大切です。

実際私も、自治体の方に直接この支援事業についてお話しを伺うこともありました。現状は、

制度自体がスタートしたばかりなので、自治体ごとに予算案の都合などもあり、実施に至っているのは一部の自治体のようですが、この支援事業を運用できるようにしようと前向きな自治体は、着実に増えてきています。(平27年8月現在)

さらに今後は、少しずつでも、この支援事業を全国どの自治体でも積極的に活用しているという事例が増えていかなければなりません。

ゆくゆくは、子ども世代が「ひとり親家庭だから・・・」ということで、教育を受ける機会をあきらめなくてはならないということがなくなっていくことが理想だと思いますし、そこまでのひろがりを見せてほしい事業だと感じています。

まとめ

貧困を取り巻く問題は、正直、専門家の先生でさえも、何がおこっているかを完全にすべて理解するのは簡単ではないようです。しかし、今回の支援事業のように、なんとかこの問題を解決しようとさまざまな取り組みが実施されていることも事実です。

自治体側からも、今以上に事業認知に向けてのアピールをしてほしいと思いますし、ひとり親家庭の親の方も、ぜひこのようなサポートに対して、アンテナを立てていてほしいと思います。
もちろん自分自身も、この支援事業に関して「少しでも役立つことがあれば」とこの記事を執筆しながら感じる次第です。

実施自治体一覧
都道府県での実施状況 市等での実施状況
北海道 実施中 札幌市、旭川市、函館市、富良野市、帯広市で実施中
青森県 実施中 青森市、弘前市で実施中
岩手県 平成29年以降に実施予定 未定
宮城県 実施中 仙台市、名取市、大崎市で実施中
秋田県 未定 大館市で実施中
山形県 実施中 長井市で実施中
福島県 実施中 郡山市、会津若松市、白河市、須賀川市、二本松市、南相馬市、伊達市で実施中
茨城県 平成29年以降に実施予定 水戸市、ひたちなか市で実施中
栃木県 実施中 宇都宮市、鹿沼市、小山市、下野市で実施中
群馬県 実施中 前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、沼田市、渋川市、藤岡市、安中市、みどり市、太田市で実施中
埼玉県 実施中 さいたま市緑区、越谷市、鴻巣市、上尾市、戸田市、志木市、富士見市、ふじみ野市、杉戸町で実施中
千葉県 実施中 千葉市、船橋市、柏市、松戸市、成田市、佐倉市、鎌ヶ谷市、印西市、富里市、君津市で実施中
東京都 実施中 杉並区、板橋区、豊島区、荒川区、世田谷区、足立区、三鷹市、青梅市、国分寺市、羽村市、八王子市、立川市、西多摩郡、大島町ほか支庁所管区域、小笠原村で実施中
神奈川県 未定 横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市、逗子市、大和市で実施中
新潟県 実施中 三条市、上越市、南魚沼市で実施中
富山県 平成29年以降に実施予定 高岡市で実施中
石川県 実施中 金沢市、小松市で実施中
福井県 実施中 鯖江市で実施中
山梨県 実施中 都留市、笛吹市で実施中
長野県 実施中 長野市、上田市、諏訪市、茅野市、佐久市、阿南町で実施中
岐阜県 実施中 各務原市で実施中
静岡県 実施中 静岡市、浜松市で実施中
愛知県 実施中 名古屋市、豊橋市、岡崎市、一宮市、半田市、春日井市、豊川市、安城市、犬山市、高浜市、知立市で実施中
三重県 実施中 伊勢市で実施中
滋賀県 実施中 大津市、彦根市、長浜市、草津市、守山市、栗東市、甲賀市、湖南市、東近江市で実施中
京都府 実施中 京都市、舞鶴市、宇治市、宮津市、城陽市、向日市、京田辺市、京丹後市、木津川市で実施中
大阪府 平成29年以降に実施予定 大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、枚方市、池田市、泉佐野市、富田林市、河内長野市、松原市、箕面市、柏原市、門真市、摂津市、高石市、藤井寺市、大阪狭山市、島本町で実施中
兵庫県 実施中 神戸市、姫路市、西宮市、赤穂市、三木市、高砂市、三田市、小野市、篠山市、丹波市、淡路市、加東市で実施中
奈良県 実施中 天理市、五條市、香芝市で実施中
和歌山県 実施中 和歌山市で実施中
鳥取県 実施中 未定
島根県 未定 未定
岡山県 実施中 岡山市、津山市で実施中
広島県 未定 広島市、福山市、呉市、世羅町、尾道市、三次市、神石高原町で実施中
山口県 平成29年以降に実施予定 未定
徳島県 平成29年以降に実施予定 未定
香川県 未定 坂出市、東かがわ市で実施中
愛媛県 実施中 松山市、今治市、新居浜市で実施中
高知県 実施中 土佐市、土佐清水市、室戸市、香美市で実施中
福岡県 実施中 北九州市、福岡市、久留米市、飯塚市、八女市、大川市、中間市、春日市、宗像市、太宰府市、嘉麻市、遠賀郡で実施中
佐賀県 実施中 佐賀市で実施中
長崎県 実施中 未定
熊本県 平成29年以降に実施予定 宇土市で実施中
大分県 未定 由布市で実施中
宮崎県 未定 宮崎市で実施中
鹿児島県 実施中 鹿児島市、鹿屋市、出水市、志布志市で実施中
沖縄県 実施中 全市町村で実施中

>>高卒認定合格しました!<<

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求



高卒資格を最短6か月で取る高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求

PAGE TOP