関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校の卒業に関する疑問。卒業率は? 就職には不利?将来性は?

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「通信制高校は卒業するのが難しいってよく聞きますが・・・」

「通信制高校卒業しても就職には不利ですか?」

「卒業後、ニートが多いって聞きました・・・」

生徒:Yより

通信制高校を卒業してから色んな事を心配している生徒が多くいます。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

通信制高校卒業の要件

高等学校には大きく分けて「学年制」と「単位制」という2つの枠組みがあります。

「学年制」は3年間の在籍が基本で、1年ごとに学ぶ科目が決められていている形式のこと。

年次ごとに必要な科目を修められなければ留年となり、次の学年には進めません。

いわゆる全日制の高校です。

一方、「単位制」はこの縛りがなく、卒業までに必要な単位を取れば 高卒資格 を得られるという形式です。

一般的に 通信制高校では単位制を導入しているケースが大半 です。

では、単位制の高校を卒業するためには、どのような条件が必要なのでしょうか?具体的には、以下の3つの条件をクリアしなければいけません。

在籍期間3年以上

必要な単位を取ればよいとはいえ、全日制の高校と同様に3年以上在籍する必要があります。どれだけ優秀で、人よりも早く単位が取得できたとしても1年や2年で高卒資格を得ることはできません。

74単位以上の取得

必ず履修をしなければいけない科目を含み、計74単位以上を修得しなければいけません。

単位を得るためには、一定期間校舎へ通学して授業等を受ける「スクーリング」や、単位認定試験、レポートの提出などが課せられます。

特別活動30単位以上参加

遠足、修学旅行、ホームルームなどを特別活動といいます。これらに参加することも卒業に必要な条件です。

どのような活動を行うかに関しては学校によって違うので、オープンスクールなどで確認するとよいでしょう。

文字だけ見ると中々、厳しそうに見える・・・。。。

み、みんなしているから大丈夫だよ。

全日制と通信制の高校卒業資格は同じ?

全日制でも通信制でも高校卒業資格に違いはありません。

履歴書には高等学校卒業であることが明記できます。ただし、公的に差はないのですが、通信制卒業というと、就職の際にデメリットに働いてしまう可能性も否定できません。

一部の学校では、全日制と通信制が併設されているところがあり、どちらでも同じ様式の卒業証書が授与されるというメリットを謳っています。

また、併設校の場合、 通信制高校 に通ううちに全日制へ移りたくなった場合、テストに合格すれば比較的容易に転籍できるという利点もあります。

先々の可能性を狭めないためにも、こうした学校を選択肢に入れることも考えるとよいでしょう。

通信制高校を卒業するのが難しい理由と卒業率と中退率

文部科学省が発表している 「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」 によると、全日制・定時制・通信制を合わせた高等学校の中途退学者数は、年々減少傾向にあります。

最新のデータである平成26年度版では中途退学率は約1.5%と低い水準です。

しかし、残念ながら通信制高校に限ると、退学者の割合はかなり高い状況が続いています。

同じく文部科学省が発表している 「学校基本調査」 の平成27年度版を見てみると、前年度からの累計で63,836人が通信制高校に入学していますが、一方で、 同じ年度に12,954人が退学しています。

年度ごとに集計しているので、実際の退学率とは多少の誤差はありますが、これらのデータは近年ほぼ同様の数値を示していることから、 通信制高校では約20%の生徒が卒業を諦めている という現状が見えてきます。

通信制高校には私立と公立がありますが、卒業率の水準の低さは公立校で顕著です。

平成27年の学校基本調査を詳しく見てみると、63,836人の入学者のうち、私立高校は49,339人、公立高校は14,497人という内訳です。

このうち、同年度に私立通信制高校を中退したのは6.776人で 中退率は約14%。

一方公立高校を中退したのは 6,178人で中退率は約42% と、入学者数に対し3人に1人の生徒が卒業できないという状況が浮かび上がります。

卒業できる人数が少ないことの大きな要因は、前述した「単位制」というシステムにあるものと思われます。

全日制の学校とは異なり、通信制高校の場合、毎日学校に通う必要がありません。74単位をどのように修得していくかは、 個々人のやる気と学習計画にかかっています。

私立の通信制高校の場合は卒業率や中退率が低いと生徒が集まりにくくなってしまうので、サポートを手厚く行って学習計画を立てます。

しかし公立校の場合はどうしても手薄になるため、途中で挫折する生徒が増えてしまうという状況が考えられます。

いずれにせよ、 通信制高校の卒業率は全日制に比べて低い という事実は揺るぎません。

よほど強い意志がない限り、一人で勉強を進めるのは大変なことです。

多くの通信制高校では、週に何回通学するかというプランを選べます。

卒業のためには自分の体調とも相談し、できるだけ学校に通う状況を作ることで、サボらないように工夫しなければいけません。

また、通信制高校とは別に、「サポート校」と呼ばれる塾のような施設があります。

これは、通信制高校で高卒資格を目指す学生に対して補習や学習計画立案のサポートを行い、スムーズな卒業を補佐する施設です。

いずれにせよ、 自宅でゆったり勉強という考え方では、卒業するのは容易ではない ことを知っておく必要があるでしょう。

通信制高校の将来性は?卒業後の就職にあまり役立たない!?

通信制高校の将来性を考えると就職状況は決して楽観できる状況とはいえません。

文部科学省のデータによると、平成26年度に通信制を卒業した生徒の数は51.497人です。このうち卒業後に 就職をした人の割合は約18% に留まっています。

また、大学・短大・専修学校などへの進学をした人は約54%となっていて、 卒業後の進路が決まっていない人は約28%にもおよびます。

少子化が進み、大学入学のハードルが低くなっている現在、残念ながら 通信制高校を出て高卒資格を得たからといって将来性が明るくなり仕事が簡単に見つかるという状況ではありません。

この現状に対し、通信制高校やサポート校では、将来を踏まえ単に高卒資格をとるだけではなく、大学進学を見据えた授業を行っている学校も増えています。

また、介護・美容・IT技能など、専門的な学びを並行して受けられる学校もあるため、自分の将来のビジョンに合致する学校を選ぶことも大切です。

これは通信制高校だからではありません。

全日制の高校を卒業しても数年で就職先を辞め職を転々と変わる人もいますし20代半ばでこのままではだめだと気付き専門学校に再入学する人も多くいます。

通信制高校の将来性を明るくするうえで大事なことは高校卒業を最終目的にするのではなくその先を踏まえることです。

そ、そうか、通信制高校だけ卒業しても厳しいのか・・・。。。

ん~何とも言えないね・・・。

4年制を3年で卒業するためにするべき事!?

勉強しなければいけない状況を作り出すことが何よりも大切といえます。

通信制高校では、週1~5日の登校日を選べることがほとんどです。

できる限り多い日数登校をし、教室で他の生徒と共に勉強することで逃げられない状況を作り出すのがもっとも手っ取り早いやり方でしょう。

また、前述のサポート校を併用することも有効な手段です。

しかし、そもそも週5日通えるのであれば全日制に行けばよいという話にもなってしまいます。

また、通う日数を多く設定したり、サポート校を併用したりするやり方は、予算が多く掛かるというデメリットも挙げられます。

もし個人で勉強して卒業を目指す場合には、細かく学習計画を立てることが求められます。

74単位を3年で終えるには、単純計算で約24単位を1年で取得しなければいけません。

ここにスクーリングの日数や特別活動に費やす時間などを加味して、着実に単位を取っていく姿勢と計画性が求められます。

受け身では決して卒業できない。

このことを強く心に刻む必要があるといえるでしょう。

卒業に関しては簡単とはいいがたいところがあります。

特に公立。

就職に関しては専門学校や大学など通信制高校卒業の先に何かをする事は非常に重要になってきます。

それは通信制高校だけではなく定時制高校なども厳しさは変わらいないでしょう。

卒業だけを考えるのではなく人生として考え選択していきましょう。

【文中のデータ出典】 政府統計の総合窓口「e-Stat」
上記内「学校基本調査」
「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」
よりデータ引用

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

高卒資格を 最短6か月で取る 高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求