関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校の学費。私立、公立の比較。安い、高い学校の違い

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「通信制高校の学費っていくらくらいですか?」

「私立はサポート校以外にも学校の学費いるんですか?」

「就学支援金って何ですか?」

生徒:Yより

通信制高校の学費の疑問は多数あるようです。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

私立と公立通信制高校の学費

通信制高校には 「公立」と「私立」の区分 があります。そのため、学費にも違いは出てきます。

一般的に、通信制高校の学費は 「公立」は比較的安く、「私立」は割高な金額設定 となっています。

具体的に見ていくと、

公立通信制高校の入学金の場合は500円、私立通信制高校は20,000円~となっていて、中には50,000円という所も存在します。

授業料の場合、「公立」は年間10,000~30,000円、「私立」は年間200,000円前後となっています。

さらに、その他の費用が別途必要になることがあります。

納入時期についてですが、入学金は入学前となりますが、 授業料、その他の費用は年2回(前期・後期)の分割支払い ができるケースが多くあります。

このように、費用面だけを見た場合、「公立」と「私立」の通信制高校の間には大きな開きがあり、「公立」の方が負担の軽さが目立ちます。

通信制高校の高い安い学費の理由

通信制高校「公立」「私立」の違いによって、学費の違いが明確に出ています。

そこだけを見ると、割安な「公立」がよいと感じます。

しかし、 「公立」は単位を取得するためだけのカリキュラムのため、精神的なフォローや卒業後に向けた指針の提示などは手薄になっています。

一方の「私立」は、サポート面での手厚さがあります。

具体的には、 定期的な面談の実施や時機に応じた諸連絡の徹底、趣向を凝らした学校行事の開催、単位取得には欠かせないレポート提出に向けたスクーリングなど です。

学校によっては、海外の学校と連携を取った留学システムを導入しているケースも見られます。

このサポート面を考慮した場合、淡々と単位取得に取り組める人は「公立」で構いませんが、少なくとも3年の月日を過ごしていくには、「私立」のバックアップ体制は軽視できません。

通信制高校の学費の内訳

通信制高校の多くは、単位制を採用しています。

卒業までに必要な要件が74単位と決められているため、1年次に25単位ほど履修します。

「私立」の場合、1単位履修するごとに8,000円前後を授業料として計算するケースが多く見られます。よって、8,000円×25単位=200,000円 という金額になってきます。

その他の費用としては、 選考費(受験料)が10,000~20,000円、教材費が10,000円前後、施設費、諸費用などが必要 となることも考慮しておいてください。

さらに、確実に3年間で卒業するためにサポート校を利用する人も少なくありません。

通信制高校はレポート、スクーリング、テストで単位を認定しますが、そこでしっかり単位が取れるように学習面、精神面、生活面で指導していくのがサポート校です。

通信制高校を卒業するための予備校や補習塾といった役割で、週1回利用した場合、 年間300,000円(入学金含む)が目安となっています。

卒業を考えるならば「私立」の手厚いバックアップは魅力ですが、その他の費用に加えサポート校に関連する費用もあらかじめ考慮しなければならないように感じます。

30万か・・・高け~~~!!。。。

け、けどこれで卒業率が高いのも事実だからね。

転入、編入の際の学費。具体例

まず、転入と編入の違いから説明しておきます。

転入は現時点で別の学校に在籍している人が該当します。転校と同じイメージで考えてください。

そこで取得した単位や出席日数を移行できるケースが多く、転入した通信制高校では1年次からスタートしなくてもよい場合があります。

ですから、通算3年間で卒業することも可能になります。

したがって、 新たに入学金は必要ですが、取得した単位分の授業料は払う必要がなくなります。

編入は既に通っていた学校を退学した人が対象になります。

以前通っていた学校で取得した単位は移行できるケースが多いようです。こちらも通信制高校への 入学金は必要ですし、既に取得していた単位が25単位よりもかなり少ない場合、1年次からのスタートとなるため、授業料も1年次からの費用が必要となってきます。

このように、現時点で学校に在籍しているか否かで費用に違いが生じてきますが、置かれている状況は変えようがないため、転入と編入の違いを大きく考える必要はないかもしれません。

就学支援金や奨学金を使えば安くなる

通信制高校の学費を賄える制度が就学支援金や奨学金です。

就学支援金とはある一定の収入以下の家庭に対して国が授業を支給する制度の事です。

就学支援金は「公立」「私立」の違いに関係なく、申請することが可能です。

申請が通った場合、 「公立」は1単位あたり336~700円、「私立」は1単位あたり4,812円が支給 されます。

ただし、支給されるのは授業料の支払い時よりも後になるため、最初に納入した費用が後日返還される形となります。

細かい条件はありますが、世帯年収が910万円未満の家庭が該当すると考えてください。

奨学金は、運営主体によって月々の給付額が異なっています。

日本学生支援機構は進学の希望がありながらも、経済的理由により就学が困難な学生に貸与月々貸与される制度。

貸与額は「公立」が月18,000円、「私立」が月35,000円(東京都の場合)となっています。

返済は卒業後から始まり、無利子と有利子があります。

また、あしなが育英会の奨学金は、保護者が死亡、または重度の障害によって就業が困難な場合に貸し付けてもらえる制度です。

貸与額は「公立」が月25,000円、「私立」が月30,000円。「私立」の場合、入学一時金として300,000円の貸与もあります。

返済は無利子で、卒業後20年間での返済が義務づけられています。

このほか、居住する都道府県や「私立」の通信制高校が独自に設立する奨学金制度などもあります。

このように経済的な負担を軽減してくれる制度は上手に活用したいものです。

ただし、 返還の有無、事前申し込みの有無、保護者の収入制限、支給人数の制限などをしっかり確認しておくことが重要 であると感じます。

それは助かるぜ。俺んち、母子家庭だからな。

そうだったんだね。

通信制高校を学費だけで決めない方が良い理由

このように費用の面から通信制高校を見てくると、「公立」と「私立」の間には、金額に大きな差があることがわかります。

しかし、経済的な負担が少ない公立通信制高校ですが、自学自習を中心としたカリキュラムで単位を取得しなければならず、 3年間での卒業が厳しいのが現状 です。

一方の私立通信制高校は単位取得に向けたサポート体制が充実しているところが魅力です。

ただし、 現在、数多くの学校が乱立しているため、それぞれの学校の特色をしっかり調べて、自分の性格や将来像に適した学校を選択しなければ意味がなくなってくる のではないでしょうか。

同時に、 就学支援金などの活用も考えての選択が重要 になると感じます。

ず自分がちゃんと出来るかどうかが卒業するには大切になってきます。

ちゃんと自分のことを管理できるかどうか、出来るのであれば学費がかからない公立を選んでも問題はなさそうです。

出来ないのであれば学費はかかりますが私立を考える必要があるかも知れません。

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

高卒資格を 最短6か月で取る 高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求