関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校の編入と転入。違いや時期、単位の事。面接の内容

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「通信制高校にはいつの時期でも転入出来るの?」

「全日制高校の単位を引き継げますか?」

「面接はどんな事聞かれますか?」

生徒:Yより

通信制高校へ編入や転入をする際にはこういった疑問ありますよね。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

通信制高校の編入と転入の仕組みと違い

通信制高校の編入は、既に高校を中退した人が該当します。

ここで注意してほしいのが、 中退した高校の単位を通信制高校に引き継ぐことができるかです。

在籍していた高校で1年間履修していた授業に関しては、単位が認定されます。

しかし、学年の途中まで履修していた授業に関しては、単位が認められません。

よって、前学年まで取得した単位だけが、 通信制高校 に引き継がれることになります。

途中まで履修していた授業については、編入した通信制高校で再履修しなければなりません。

転入は、現時点で高校に在籍(実際に通学しているか否かにかかわらず)している人が該当します。

高校で取得した単位や出席日数は通信制高校にそのまま引き継がれることが多いようです。

通信制高校編入と転入が出来る時期

公立の通信制高校の場合、編入、転入を問わず、4月に受け入れるケースがほとんどです。また、欠員が出た場合に限り、2期制が始まる前(9月)に募集することがあります。

私立の通信制高校の場合も紹介します。

編入であれば、4月または10月に編入できるケースが多いようです。

ただし、随時編入が可能な通信制高校も少なくありません。

転入は転校と同じイメージですから、随時転入が可能なのが一般的です。

転入の場合、注意しておくことがあります。

誰もが2つの高校に在籍することができないため、これまで通っていた高校からの転籍手続きをしなければなりません。

全日制高校から編入、転入で通信制高校に単位を引き継げる

まずは、編入の場合を見ていきます。

1年次の3月で中退した場合、1年間で取得した単位は、次に通う通信制高校に引き継がれます。

しかし、 2年次の6月ごろに中退した場合、取得した単位は1年次で取得した単位のみとなります。

2年次に取得した単位はなしと見なされるため、以前在籍していた高校で途中まで学習していた単位は再履修という形になってしまいます。

高校1年次までに25単位を取得していた場合、残る49単位分の授業料が必要となります。

ですから、 高校2年次から中退した時までに支払った授業料は無駄になってしまいます。

無駄になるのか・・・残酷だな・・・。。。

そ、そうだね。でも仕方がないね。

転入は、現時点で高校に在籍(実際に通学しているか否かにかかわらず)している人が該当します。

一般的な転校と同じイメージでとらえてください。

そのため、隙間なくいずれかの学校に在籍していることになり、継続して学習できるメリットがあります。

編入とは異なり、 途中まで履修していた授業も通信制高校に引き継ぐことが可能なため、時間と費用のロスがありません。

転入や編入の具体的な流れと高1や高3など学年で行う時の注意点

転入の場合

転入は転校と同じ意味合いですから、基本的には移りたい時期に転入が可能です。よって、現在、高校1年次、または2年次に在籍していれば、大きな問題なく転入が可能です。

しかし、現在、高校3年次に在籍している場合は注意が必要です。

18歳の3月に卒業したいはずですから、その希望がかなうか否かを確認しなければなりません。

受け入れる通信制高校の受付期間に間に合うかです。

転入にもかかわらず、高校3年次に受付期間が設定されているのには理由があります。

通信制高校での在籍期間が基準を満たしていない場合、単位取得を認定できないためです。

これらのことから、転入を希望する通信制高校に事前確認することは絶対に欠かせません。

編入の場合

高校を中退してから通信制高校に通うまでの空白の期間が生じることになるため、 基本的には通算3年での卒業はできません。

では、具体的に見ていきましょう。

  • 高校1年次の5月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、取得した単位はありません。

    よって、単位をすべて再履修しなければなりません。
  • 高校1年次の3月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、1年次に取得した単位が通信制高校に引き継がれます。
  • 高校2年次の5月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、1年次に取得した単位は通信制高校に引き継がれます。

    しかし、2年次の出席日数は引き継がれませんので、その授業は再履修となります。
  • 高校2年次の3月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、1、2年次に取得した単位が通信制高校に引き継がれます。
  • 高校3年次の5月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、1、2年次に取得した単位が通信制高校に引き継がれます。

    しかし、3年次の出席日数は引き継がれませんので、その授業は再履修となります。
  • 高校3年次の10月に中退、その後、通信制高校に編入した場合、1、2年次に取得した単位が通信制高校に引き継がれます。

    しかし、3年次の出席日数は引き継がれませんので、その授業は再履修となります。

以上①~⑥のパターンであなたがどこに当てはまるのかを確認しましょう。

編入と転入の際に必要な書類

学校ごとに差異はありますが、基本的には「成績証明書」と「単位取得証明書」です。

いずれか1つという場合もあるようです。

この書類は在籍していた(在籍している高校)に申請して取り寄せる必要があります。

申請する際は、旧担任(担任)または事務室に申し出てください。

高校にもよりますが、早ければ即日、遅くとも1週間程度で入手ができるようです。

通信制高校から全日制高校に編入、転入は可能?

結論として、編入、転入は現実的に厳しいと考えてください。

通信制高校と全日制高校における単位および出席日数に対する判断基準が異なるためです。

一部の全日制高校で、欠員が出た際、8月の編入・転入試験を実施するケースがあります。

ただし、通信制高校または定時制高校の1年生に限り、受験資格が与えられます。

編入、転入する際の試験 面接、作文

通信制高校の編入、転入の際、学力試験を課すケースは多くないようです。

逆に面接や作文を課して、生徒が置かれている状況や今後、指導していく上での方向性を探ることを重視しています。

そのため、優等生的な返答や流ちょうな文章を書かなければ合格できないというものではありません。

面接は10分前後と考えておいてください。

生徒が1人の場合と、生徒が5人前後というパターンがあるようです。

質問項目としては、

  • 「なぜ通信制高校に入学しようと考えたか」
  • 「入学後に取り組みたいこと」
  • 「これまで通っていた高校での状況」
  • 「登校していなかった時の生活の様子」

などです。

作文の課題は、面接で聞かれるような内容と重なることが多いようです。

作文を書いてから面接が行われる場合、面接時に作文の内容について質問することもあります。

ですから、作文と面接での一貫性は必要です。

繰り返しになりますが、 落とすための試験ではなく、今後の指導を検討する機会という意味合いが強くなっています。

充実した学校生活を送るためにも、現状や自分の考えを率直に伝えることが大切です。

繰り返しになりますが、 落とすための試験ではなく、今後の指導を検討する機会という意味合いが強くなっているよ。

充実した学校生活を送るためにも、現状や自分の考えを率直に伝えることが大切だよ。

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

お電話のお問い合わせはここをタップ
フリーダイヤル 0120-935-663
簡単1分!いますぐ 無料資料請求