関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校に入学後の生活。暇?不良は?人間関係と部活、いじめは?

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「通信制高校は不良多いでしょうか?」

「どんな人が入学するの?」

「部活とか友達とかできる?」

生徒:Yより

通信制高校入学してからの生活や人間関係は気になる所です。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

通信制高校入学後の生活

通信制高校入学後の学校生活は、全日制高校での学校生活と異なります。

特に、自宅でのレポート学習が中心になり、ほとんど登校をしない公立の通信制高校では、 毎日が休みのような生活になります。

決まった日だけ登校 (スクーリング) するだけで良いためです。

ただ、もちろん毎日休みのようだからといって、遊んでばかりだと 高校卒業資格 を得ることはできません。

毎日時間を決めて、もしくは、レポート量を決めて勉強をしないといけませんので、 自分自身で計画を立てて日々勉強をすることが必要になります。

その点が通常の休みと違うところです。

勉強以外の時間は、趣味やアルバイトなどをしている学生が多いです。

全日制のように学生同士でイベント等を行う機会は少ないです。

学校以外の時間の方が多いですので、フリーターに似た毎日になります。

「学校で何かをする」という時間はほとんどありません。

登校型の 通信制高校 の場合は、学校にいる日数や時間は多少、短くなりますが、大きくは全日制と変わりはありません。

授業も行われているし、学生も多くいるよ。サークル的な活動をすることもできるよ。

登校型の通信制高校のスケジュールに関しては、次に記載していますので参考にしてみてよ。

なるほど~。。通学型はほとんど同じだな

そう、最近はやりのネットで登校が最短4日の広域制高校は、ほとんど毎日自由だよ。

1日のリズム

ここでは、とある通信制高校の1日のスケジュールを紹介します。

全ての通信制高校が同じということではありませんが、ぜひ1つの参考にしてみてください。

私立の通信制高校で登校型の学校です。

コースは大きく3つありー

  • 週1日通学のコース
  • 週3日通学のコース
  • 週5日通学のコース

ーがあります。

それぞれ、どういった授業を受けるかは、その学生の目標によって違いますが(大学希望、専門希望など)、登校した際の学校で授業を受ける時間は一緒です。

まず、朝10:00〜1限目の授業が始まります。

1限は各50分の授業です。

授業と授業の間の休憩時間は15分間あります。

昼休みは50分です。

2限目が終わってから11:55〜12:45までが昼休みです。

昼休みは、各学生お弁当を持ってきていたり、学校近くのコンビニやスーパーで昼食を買って食べたり、ハンバーガーなどのファーストフード店やファミレスで食べたりと、 学校で食べる学生と外で食べる学生とで、だいたい半々に分かれます。

昼休み終了後、午後の授業に入ります。

午後の授業は3限あります。

そのため、 5限目の15:55には1日の授業が終了します。

週に2日〜3日程度は6限目(16:10〜17:00)まで授業があることがありますが、 6限目の授業に関しては、ダンスやパソコン基礎、資格対策などが行わる授業となっており、参加する、参加しないは自由となっています。

在籍するコースによって、登校日数は変わりますが、登校日に関しては、基本的には1限目から5限目までの授業を受けます(授業の中にレポート添削もあり)。

授業が終わった後は、学校が19:00までは開いていますので、授業で分からなかったところを先生に聞いたり、 終わっていないレポートを解いたり、サークル的な活動をしていたりします。

もちろん、各休憩時間や昼休みに好きな勉強をしたり、先生に分からないところを聞いたり、レポートを解いたりすることもできます。

学生が毎朝登校してくる時間は、1限目の授業の前10分ぐらいの9:50ぐらいが多いよ。みんなギリギリに来ることが多いんだ。

学校に登校しなくても良い日は、アルバイトをやっている学生が多いよ。

暇な時はどんなことしてる?

時間がある時の学生の時間の使い方には何通りかあります。

1番多いのはアルバイトをしている学生です。

多い学生だと、週4〜5日アルバイトをしています。

アルバイト先は、 飲食店やコンビニ、雑貨店などが多いです。

1日あたり、1〜8時間働いている学生もいます。

理由は将来の目標のために貯金をしたい、という理由と、 通信制高校の学費 を自分で払うためアルバイトを頑張っている、という理由が多いです。

1点目に関しては、通信制高校に転校をしてきた理由にも繋がる場合が多いのですが、例えば、将来メイクアップアーティストになりたいという目標を持っていて、高校卒業後はメイクの専門学校へ進学したいと思っている学生です。

そのため、 高校生の頃から、専門学校の入学金や授業料のためにアルバイトでお金を貯めている。 というようなケースです。

早くからメイクを学びたくて通信制高校へ転校をしてきている場合が多く、将来の目標や自分のやりたいことがある程度明確で、好きなものへの気持ちが強い学生です。

こういった学生は私立の通信制高校に多いです。

なぜなら、私立の通信制高校では、美容コースやファッションコースなど、目標に特化した専門的なコースを開講していることが多いためです。

2点目に関しては、自分自身で通信制高校の授業料を払うためにアルバイトをしているケースです。

公立の通信制高校の場合は、授業料はほとんど発生しませんが、私立の通信制高校の場合、 1単位あたりの単位認定料が、8,000円〜8,500円ぐらいのところもあります。

その場合、1年間で25単位取得するためにかかる費用が、その他の費用も含め、250,000円〜300,000円程度かかります。

就学支援金などありますが、月に30,000円程度はかかる計算になりますので、例えば、通信制高校に通う条件として、 授業料を全部学生のアルバイトで払うことを保護者様と約束していて入学・転校される学生も多いです。

高校の授業料のためにアルバイトをしていたりします。

また、ご自宅に毎月生活費を納入していている学生、社会勉強をしたい学生、周りがやっているから自分もするという学生など、アルバイトをしている学生は本当に多いです。

チェック!!

通信制高校の学生=時間があるので、遊んでいるのではないか?というイメージを持っている方もいますが、アルバイトや趣味などの時間に充てている学生が非常に多く、早くから社会と触れ合う時間を多く作ることで、ビジネスマナーやコミュニケーション能力を身に付ける学生もいます。

アルバイト以外では、自分の活動に時間を充てている学生が多いです。

例えば、将来サッカー選手になりたくてサッカー教室に通っている学生や、アイススケート教室に通っている学生、既に自宅の手伝いなど仕事をしている学生など、元々そういった活動をするための時間を作りたくて通信制高校へ入学してきた学生達にそういった活動をしている学生が多いです。

あとは、SNSやネット、読書などの、自分の娯楽や趣味に充てている学生が多いです。

結構自由だな~。。。

そうだね。自主性が肝心だよね。

部活は出来る?

部活動を行っている通信制高校は少ないです。

理由はー

  • 学生が必ず同じ登校日・投稿時間とは限らないこと
  • 入学・転校理由が多種多様なため全日制高校より多くの部活動の種類がないと成立しないこと(学生A君はサッカーをやりたい、学生B君は人と触れ合うより自分で黙々とやりたいなど)

少ない種類の部活動だけ行うと一部の学生しか楽しむことができません。

これだけはありませんが、こういった理由も含め、部活動を行っていない学校は多いです。

ただし、部活動を行っていないからといって、学生皆が不満を抱いているかというとそうではありません。

全日制高校に比べて時間が作りやすい通信制高校では、自分たちで部活動のようなことを行っています。

サッカー好きな学生達が数名集まってフットサルチームを作って活動していたり、漫画好きな学生達が集まって漫画研究や漫画を描く練習をする集団を作っていたり、野球好きな学生達で草野球チームを作っていたりなど、同様に美容好きな学生、ゲーム好きな学生、英語に興味のある学生など、好きなものが共通する学生達同士で小さな集団を作り、毎日、週2日程度、月に1日程度など、自分達のペースで定期的に活動をしていたりします。

どちらかと言うとサークルのような感じです。

これであれば、活動ペースも自分達で決めることができますので、絶対毎日行かないといけない、など強制的な参加というのがありません。

また、参加するも参加しないも全て自由に決めることができます。

注目!!

部活のような形ではないかもしれませんが、それに近い、もう少し自由度が高い活動であれば、自分達で集団を作って行っています。こういった活動ができるのも通信制高校の1つの特徴でもあります。

通信制高校の人間関係 不良いる?入学する人。友達を作るには?

通信制高校に不良などがいるかどうか?ですが、これは、 学校によってよりきりです。

公立、私立、どちらにもいる可能性はあります。

ただし、外から見るとほとんどの学生が不良に見えることもあります。

これは、通信制高校の場合、校則がないところが多いので、多くの学生が男女問わず髪を染めています。

また、格好も私服で、一部の学生を除き、学校に行く格好に強い拘りはなかったりしますので、動きやすい服装で通っています。

そういった姿は、外から見た場合、髪染め・動きやすい格好=不良、のようなイメージを抱く方もいますが、そうでない学生が多いです。

不良がいるかどうかに関しては、その学校を2〜3度見に行くか、学生と直接話すか(どんな学生がいるか)でしか、分かりません。

例外もありますが、公立の通信制高校の方が、登校日が少ないため、そういう学生が多かったりはします。

ただし、そもそも学校に登校する日があまりありませんので、会うこともそんなにありません。

登校型の私立の通信制高校の場合は、学校の特色によります。

進学や専門的勉強を中心に行っている学校であれば、そういった学生はほぼいません。

そういったコースもなく、 高校卒業資格を取ることだけが目的で登校型の学校には、そういった学生がいる可能性はあるでしょう。

こればかりは、可能性論になってしまいますので、検討している通信制高校があれば、オープンキャンパスだけでなく、普段の学校の様子や授業の様子を見せてもらったり、学生と直接話すことをするのが1番良いでしょう。

通信制高校に入学して友達を作るためには、自分から話しかけることです。

チェック!!

登校型の通信制高校の多くが、入学後すぐにレクレーションなどを行います。

レクレーションなどを通して、周りの学生とコミュニケーションを取って1日でも早く友達が出来て学校に馴染めるように、です。

登校型の通信制高校の場合、ある程度、好きなものや目標などが共通する学生が多いです。

そのため趣味なども似ていたりすることが多いです。

多くの学生が前の学校に違和感を感じて、通信制高校に入学をしていますので、最初は自分を出せるか不安に思っている学生が多いです。

そのため、いつも以上に引っ込み思案になっている学生もいます。

そんな中、自分から話しかけるという行動は、空気を明るくしますし、1日でも早く友達を作る大きなきっかけとなります。

最初だからこそ、自分から話しかけるよう頑張ってみましょう。

話しかける内容は難しくなくていいのです。

どこから来たのか、前どこの学校にいたのか、休みの日は何をしているのか、好きなゲームは何か、など、簡単な質問で大丈夫です。

たったこれだけで、友達はできます。

少し緊張はするとは思いますが、声をかけられるのを待つのではなく、自分から話しかけること、これが大事です。

これは公立の通信制高校でも同様です。

スクーリングという少ない登校日の際に、自分から話しかけることにより、友達はできます。

少ない登校日ですが、皆、友達作りたいな、とか、仲の良い学生できないかな、とか同じ気持ちを持っています。

通信制高校で友達を作ることができれば、社会にでても、大学に行っても友達を作ることができます。

通信制高校=友達ができにくい、ということはありません。

通信制高校にいじめはない?

上記で通信制高校には髪を染めたいわゆるヤンキーに見える人はいます。

そんな通信制高校に入学となるといじめの事を心配する人もいるでしょう。

では通信制高校でいじめはあるのでしょうか?

回答!!

通信制高校でいじめがあるかもしれないが全日制などよりもいじめがある可能性は少ない

というのが回答になります。

登校日が少ない

上記でもお伝えしたように公立の通信制高校であれば週に3日や1か月に数回の登校だけの場合、そもそも学校に通っている人と関わること自体が少ないです。

どうしても友達が欲しいのであれば話しかけ人間関係を作る必要があります。

しかしいじめは 人間関係の中で生まれます。

それだけの時間しか接していない人との関係でいじめが生まれることは 非常に少ない と思われます。

年齢層の幅が広い

私立の通信制高校は現役高校生に近い年齢層がサポート校を使いながらが学校生活を送っていますが、公立の通信制高校の場合、年齢層の幅は広いです。

下は15歳から上は40歳以上という事もあるでしょう。

それだけの年齢層の幅があると いじめというもの自体が起こりにくい でしょう。

相手は社会人の場合が多く、もし仮にいじめが行われていた場合、解決に向けて動いてくれる事も考えられます。

いじめの経験がある生徒が少なくない

公立、私立関係なく通信制高校や定時制高校に転入する人の要因の1つで元々いた学校でいじめにあっていたことが挙げられます。

経験している人はもちろん転校先の通信制高校で自分がいじめをすることは考えにくいでしょうね。

それよりもどちらかといえば 仲良く円満に生活を送りたい と願っている生徒でしょう。

サポート校を使っている

私立の通信制高校でサポート校に通っている場合、公立と比較して 先生と生徒の距離や親身になる度合い が違います。

公立の通信制高校が親身でない、距離が遠いというよりはサポート校が生徒との関係が濃いいというほうが正解です。

それはサポート校の成り立ちの違いからです。

サポート校は事業として運営しています。

仮にAサポート校でいじめがありそれが噂になったりすることで運営が出来にくくなります。

そういったことが起こらないように親身になることも要因としてあります。

公立の通信制高校が親身ではないということではありません。

経営としての成り立ちが違うという事です。

夏休みや修学旅行はある?

通信制高校には、全日制高校と同じように、 夏休みや修学旅行がある場合があります。

夏休みに関しては、ほとんどの通信制高校にあります。

ただ、全日制高校に比べると登校日数が元から少ない通信制高校の学生からすると、夏休みという感覚はないかもしれません。

特に、 通学型でない通信制高校では、夏休みに関係なく学校に行く機会が少ないですので体感することは難しいかもしれません。

大体、どこの通信制高校も全日制高校と同じように、7月中旬〜8月末まで夏休み期間となっています。

この間は、校舎が閉まっている日もありますが、学校によっては開校しているところもあり、レポート添削など個別サポートにあてているところもあります。

修学旅行はほとんどの学校が実施はしていません。

これは、多くの学生が在籍していることと、通学日が異なるため、必ず皆が参加できる保証もないし、スクーリングがあるためだよ。どこの通信制高校もスクーリング時に、普段通っている校舎とは違う場所へ勉強をしにいくよ。

例えば、普段の校舎は東京都内や、大阪、福岡などの地域だけども、スクーリングでは沖縄に行く、などだよ。

ヘェ~。。。

重要!!

スクーリングは高校卒業資格を取得するために、参加必須となりますので、基本皆参加します。

修学旅行というかたちではありませんが、3泊〜4泊程度、皆で一緒に遠出しますので、勉強が目的にはなりますが、旅行のような感覚はあるでしょう。

正確な修学旅行というのは基本的にはありません。

登校型の通信制高校と公立のようにたまにっくる通信制高校ではやはり生活は大きく違います。

自分がどのタイプが良いのかを考え選択すべきでしょう。

今では専門のコース(芸能や美容など)を用意している通信制高校もあります。

【その代わり学費は割高です】

そういった事も選択に入れ考えていくべきでしょう。

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

高卒資格を 最短6か月で取る 高卒認定とは?
簡単1分!いますぐ 無料資料請求