関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校のレポート。どんな内容?量は?書き方のポイント

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「レポートって難しいですか?」

「どんな内容が出されますか?」

「レポート提出出来なかったら留年しますか?」

生徒:Yより

通信制高校ではレポートを提出する事は必要です。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

通信制高校レポートとは?1,2,3年時の内容

まず、通信制高校を卒業するために3つの条件があります。

  • 「74単位以上修得」
  • 「在籍3年間以上」
  • 「特別活動30時間以上」

ーです。

これらの3つの条件をクリアすることで高校卒業資格を貰うことができます。 そして1つ目の「74単位以上修得」の条件を満たすために、レポートが必要となります。

全日制高校と違い、通信制高校はレポートを提出していくことで単位を修得していきます。

そのため、大半の通信制高校入学時に大量のレポート用紙と教科書、DVDなどが自宅へ送られてきます。

レポートはA4サイズ程度の大きさで、レポート1枚というのは、この紙1枚を指します。

レポートには、国語、数学、英語、など、各教科の問題が記載されています。

イメージとしては、小学校や中学校の宿題のような用紙です。

レポート用紙にぎっしりと問題が書かれているかというとそうでもなく、教科にもよりますが、 レポート1枚の問題量は決して多くはありません。非常に解きやすい内容になっており、多くが穴埋めのような問題になっています。

授業などに出席していなかったとしても、レポート用紙と一緒に送られてくる教科書を読めば分かるような内容がほとんどです。

中には教科書の文章が、ほぼそのまま穴埋め問題として掲載されていたりする場合もあります。レポートの問題形式は、1年〜3年生までほぼ変わりません。

へ~そうなんだ、簡単そうだな。

決して難しいものではないよ。

難しい?書き方のポイント

通信制高校のレポートの難易度は非常に易しいものが多いです。

全日制高校から転校してきた学生などは、全日制高校の授業のような難易度を想像するかもしれませんが、全日制高校の授業とは目的が違います。

レポートは大学受験のための勉強などではなく、あくまで 高校卒業資格 を取るための最低限必要な知識がベースの問題なためです。

そのため難易度が非常に高い問題というのはそもそも出ることはありませんので安心してください。

分からないところがあっても、登校型の 通信制高校 の学生は、先生に聞くこともできますし、先生が率先して個別指導で教えてくれるところも非常に多いです。

公立などでスクーリング以外に基本的に登校日がない学生は、分からないがあれば、ネットで検索するか、親御さまや兄弟に聞いて解いていく必要があります。

どちらの登校スタイルの場合も、分からないところがあれば、まずは教科書を見る、まだ分からなかったらネットで検索してみる、それでも分からなかった場合に先生や親御さまに聞く、という順番が良いでしょう。

自分で調べることにより問題を解いていく楽しさも身に付けることができるからです。

1回の提出する量と年間提出する量

各通信制高校、各教科により定期的にレポート提出期限があるため、都度その期限に間に合うようにレポートを提出していく必要があります。

年間に必要なレポートの提出量ですが、その年にどれだけの単位を修得するかにより、異なります。

新入生として通信制高校に入学した場合、平均的に1年〜3年生まで各年24〜25単位を修得していきますが、 1単位につきレポート2〜4枚程度の量と考えておきましょう。

この枚数も各教科により異なります。

年間25単位修得予定であれば、50〜100枚程度は提出が必要になります。 100枚と聞くと多く感じるかもしれませんが、3日で1枚程度です。

レポート1枚完成させるための所要時間は、30分〜1時間程度見ておくと良いでしょう。

年間で分けて考えたらそんなに多く感じないな~。。。

夏休みの宿題みたいに1度にすると多いけど普段、やっておけばそんなに多くないよ。

レポートを提出する流れ

レポートの提出の仕方も各通信制高校により大きく異なります。

まず、登校をほとんどしない学校は、郵送にての提出か、定期的にある提出期限日に学校へ提出しに行くかのどちらかになります。

次に、週3日〜5日など、登校型の通信制高校は、学校に登校した際に分からないところなどの添削も兼ねて先生にチェックしてもらい、その都度学校にレポートを提出していきます。

最後にスマートフォンやタブレットの専用アプリ、WEBを通してレポートを解いていく学校です。そもそもレポート自体もアプリ内で完結したりします。

2択問題などを通して解いていきます。解き終わって点数が規定以上であればそのままアプリ内、もしくはWEB上で提出されるといったものです。この場合は、郵送や直接提出は必要ありません。

スクーリングが少ない学校と週3日以上の学校やりやすさの違い

学生からすると学校に登校しない方が楽だ、と考える人もいるかもしれませんが、学校側からすると登校が多い方が、レポート添削、進捗管理、モチベーションの管理など、卒業に必要なレポートの進捗具合や進路へ向けた学力対策、学生本人の精神的部分など様々な面でサポートがしやすいため、 より多く登校日があり接点が多い方がきめ細かい指導をすることができます。

登校が完全にない通信制高校では、学生は自宅学習で自己管理のもと、レポートを継続してやっていかなければなりません。

そのため、多くの学生が、ちょっとしたストレスで継続不可となり、進級や卒業などが予定より遅くなってしまったという話しもよくあります。

自主性か・・・

提出しないとどうなる?

レポートを提出しなかった場合、進級・卒業ができなくなります。登校しない学校も、登校型の学校も、スマートフォンやタブレットでレポートを解く学校も、どの学校でも レポートを提出しないと単位も貰うことができなくなるため、進級・卒業が、半年〜1年〜と、どんどん遅くなっていきます。

最低限の目標として高校卒業資格を取りたいと思って、通信制高校に入学したと思いますので、レポートは必ず遅れないように提出していきましょう。

通信制高校に入学したからには、全日制高校と違い、卒業資格を取るために、必ずレポートを提出していかないといけないよ。

始めてレポートを見たり、年間の必要量を聞いたりすると、レポートを解くことに対してネガティブな気持ちが生まれるかもしれませんが、

レポートをしない=卒業はできない!!

ということになりますので、根気強く解いていくと良いよ。

特に登校型の学校の学生は、最終的に分からないところがあれば、先生に聞くことができるので、恥ずかしがらずにやっていくと良いよ。

また、期限間近にあればいいか、とレポートを溜めないことも重要だよ。

1日1枚などと、日々継続してやっていくことが自分を楽にするよ。

決して勉強することは恥ずかしいことではなく、自分自身の将来にとって非常に大事なものなんだよ。

進級・卒業する頃には大きな達成感を得ることができるはずですので、レポートを解くのは誰のためでもなく自分のためだと理解し、1日1日を大切にして頑張っていくと良いよ。

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

お電話のお問い合わせはここをタップ
フリーダイヤル 0120-935-663
簡単1分!いますぐ 無料資料請求