関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

サポート校って?学費、就職、実態などメリットデメリット

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「サポート校って学費どれくらいですか?」

「技能連携校やフリースクールとの違いは?」

「サポート校を使って大学進学出来るんですか?」

生徒:Yより

サポート校といえば私立の通信制高校とはきっても切り離せません。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

サポート校、フリースクール、技能連携校とは? 通信制高校との関係

通信制高校 には「サポート校」「フリースクール」「技能連携校」というキーワードが頻出します。まずはこの3つの施設の基本的な情報と、通信制高校との関係を知っておきましょう。

サポート校

その名の通り、通信制高校での学びを補助する位置づけの教育施設です。

通信制高校は合計74単位以上の取得といった条件を満たすことで高校卒業資格が与えられますが、公立通信制高校などは自学自習で進めなければいけないため、途中で挫折をしてしまう学生も数多くいます。

そんな生徒達が 通信制高校を最短の3年間で卒業できるよう、定期的に通学させて補習や生活指導を行うための施設がサポート校です。

注意すべきは、法律上は学校ではなく、 学習塾のようなものであるという点。

仮にサポート校のみで勉強したとしても高卒資格は得られません。多くのサポート校は特定の通信制高校と提携していることも特徴です。

【学習環境・修得すること】

通信制高校を卒業し、高校卒業資格取得を補助するのが各サポート校に共通する目的です。

しかし、それ以外はバラエティに富んだ運営を行っています。サポート校ではコースが設けられていることが多く、

  • 大学入学を目指すコース
  • 資格取得を目指すコース
  • 芸能など特殊技能を学ぶコース

などがあります。また、通学の日数 は個人の事情に合わせて選べるケースが大半です。

【得られる資格など】

コースによって異なります。通信制高校卒業のみを目指すコースであれば、 とくに資格等は得られません。 一方、簿記検定やTOEIC受験などをめざすコースを選んだ場合、これらに特化した講座が受けられます。

【在籍期間】

多くのサポート校では、「通常卒業までに4年ほど掛かる通信制高校を3年で卒業する」という目標を掲げています。そのため、在籍期間は3年間程度のケースが多いようです。ただし仮に3年で卒業できなかったとしても、そのまま在籍できます。

【入学試験の有無】

面接や作文などの審査はありますが、学力面で入学を断られることはほぼありません。 筆記試験があるサポート校もありますが、それは足切りのためではなく、入学後の指導のために学力を判定しておくという程度です。

私立の通信制高校の卒業率が良いのはこのサポート校と併用するからだよ。

なるほど~。。。

フリースクール

主にNPO法人やボランティア団体などが運営を担当する施設です。

サポート校と異なり通信制高校との提携はほとんどなく、基本的に独立で運営されています。

国が学校と認定していない民間の教育施設という意味ではサポート校と同じですが、受け入れる生徒や学びの目的が異なります。

多くの フリースクールは、不登校の子どもや引きこもりの子ども、軽度の障害を抱える子どもなどを受け入れ、彼らが上手く社会に順応できるようにするための施策を主に行っているんだ。 通信制高校に通う生徒のうち、他者との関係性が上手く構築できずにいる人の居場所となる施設と言えるよ。

【学習環境・修得すること】

フリースクールは運営する団体の考え方によって、スクール内で行われることが異なります。

引きこもりの子ども、学習障害の子ども、身体的にハンディを背負う子 どもなど、施設ごとにどのケースに強いかが変わってくるので、選ぶ際の参考にしましょう。

フリースクールは社会に適応していくことを主目的としているため、勉強一辺倒という雰囲気ではありません。

それよりも子どもの居場所を作り、人間関係が円滑に行えるようになるための取り組みがメインです。

基本的に時間割などはない自由な空間ですが、全寮制のフリースクールも存在します。

【得られる資格など】

前述の通り、フリースクールは悩みや問題を抱えた生徒が上手く社会に順応できるようになるための施設という側面が強いもの。 そのため、勉強や資格取得などに力を入れているケースはあまりありません。

【在籍期間】

施設ごとに異なるため一概には言えませんが、基本的にフリースクールは18歳、もしくは20歳まで通えるのが一般的のようです。年齢の下限はあまり規定がなく、小学生くらいの子どもも多くいます。

そのため、合計で何年という在籍期間はありません。

【入学試験の有無】

試験という形ではありませんが、保護者・本人との面談が行われることがほとんどです。入学希望者がどんな悩みや問題を抱えているかを施設側が知り、対応可能かが判断されます。

障害がある生徒などは、ケアができる専門的なスタッフがいない フリースクールだと入学を断られることもあります。

技能連携校

通信制高校と連携し、職業に直結する専門的な学びを学生に提供する教育施設です。

高校と連携という意味ではサポート校と似ているように聞こえますが、その内情は大きく異なります。

まず第一に、技能連携校は各都道府県から認可を受けている施設であるという点。

さらにサポート校とのもっとも大きな違いは、 技能連携校で学んだ内容の一部が、通信制高校の単位として認められることです。

実践的な学びを技能連携校で修得し、さらにダブルスクールで通信制高校にも通って高卒資格を得るという図式になるよ。通信制高校ありきのサポート校と異なり、並列的な存在と言えるよ。

【学習環境・修得すること】

技能連携校は基本的に週5日の出席が定められています。

通信制高校に籍を置きつつ、実際は技能連携校に平日毎日通うという生活になります。

心身の問題のため全日制に通うことが難しいという人にとっては選択肢から外さざるを得ないでしょう。

修得する内容に関しては各学校によって違いがあり、商業系、工業系、美容系、福祉系などさまざまです。

【得られる資格など】

技能連携校で学ぶ内容だけで高卒資格は得られませんが、必ず高校と同時に通うものなので、結果として高校卒業資格を得られることになります。

ちなみに、卒業すれば高校の卒業証書と技能連携校の卒業証書の両方が得られます。

なお、在学中には職業に直結した学びを多く行うため、おのずとそれに関わる民間資格などの取得にも近づくことでしょう。

【在籍期間】

高校とリンクしているため、高校の在籍期間に準じます。週5日しっかり通うため、3年間の在籍で卒業できるケースが多いようです。

【入学試験の有無】

多くの技能連携校は面接のみで、学力を判断する試験はありません。

だ、ダブり・・・スクールで通信制高校に通ったりするんだな。

・・・ダブルスクールの生徒も少なくないよ。

サポート校で行うことや1日の生活

ここまで、通信制高校を取り巻くさまざまな学びの場を紹介しましたが、実際、通信制に通う生徒はサポート校を利用する生徒が大きな割合を占めます。

そこでここでは、サポート校がどんなものなのかを詳しく見ていきましょう。

【1日の生活】

多くのサポート校ではコース制を採用しています。

そのため、 選ぶコースによって1日の生活は大きく変わります。

週1〜2日の登校で、さらに午前中ですべての授業が終わるというスタイルもあれば、全日制と変わらず、週5日登校して朝から夕方まで大学進学対策や専門的な学びを行うスタイルもあります。

これらのコースは在学中でも変更できることがほとんどです(変更のため試験がある場合もあり)。また、サークルや部活動があるサポート校もあり、積極的に参加している生徒もいます。

【生活指導】

サポート校では、生徒個々人に合わせた指導に重点を置くところが多く見られます。

中学時代に不登校だった生徒などもいることから、 教職員以外に専門のカウンセラーがいて、定期的に面談を行うといった取り組みを行っているサポート校もあります。

服装などを細かく指導するケースはあまり見られません。

【進路指導】

入学後のかなり早い段階から進むべき道を考えられるような取り組みを売りにしているサポート校が多く見られます。

どんな職業があるかのガイダンス、実際の現場を見る職業体験、そのほか個人面談や三者面談などを通して、進学か就職の道を決め、それに応じたサポート体制を用意するという体制を取っています。

【一般教科の学習指導】

サポート校、すなわち通信制高校を選んだ学生の学力レベルはさまざまです。

中学時代ほとんど学校へ通えなかった生徒もいれば、全日制の進学校に通っていた生徒がどうしても学校に馴染めず転校してくることもあります。

学力差がある生徒に対応するため、一般教科に関しては。レベル別の授業スタイルをとっていることが多いようです。

【先生はどんな人か】

前述の通り、サポート校は法律が定める学校ではなく、扱いとしては学習塾と同じです。そのため、 教員免許がなくても教えることができてしまいます。

しかし、実際のところ、教壇に立つ先生は免許を持っている人がほとんどです。

また、大学入試対策の講座を行う先生は予備校講師経験者が担当したり、美容などの専門的な学びは、その道のプロが講師として教えに来るということもあります

サポート校の学費の違い 学費の補助はある?

サポート校の学費は各施設ごと、そして通うコースによって大きく異なります。

平均では週1~2回通学するコースの授業料が年間20〜30万円ほど。週5日通うコースとなると年間50〜60万円ほどの授業料が掛かります。

さらに入学金や施設費なども加算されるので、1年間の合計で50〜100万円ほど。

場合によってはそれ以上の金額がかかることもあるんだ。これに加え通信制高校へ支払う費用もあるわけだから、サポート校に通う場合はかなりの出費を覚悟しなければいけないよ。

サポート校に対して適用される補助金制度がないことも認識すべき重要な点です。

国による補助金制度に、高等学校等就学支度金制度というものがあります。授業料の一部が補助されるこの制度は、国が認可した高等学校等各種学校に通う子どもを持つ家庭が対象です(所得による制限あり)。

もちろん通信制高校にも適用されますが、前述の通り、 国から学校と認められていないサポート校に関しては補助されません。

日本政策金融公庫や民間の教育ローンを使用する手段も考えられますが、前述の補助金とは違い、金利がかかる借金ですので、金銭的な負担は大きいままです。

かなり、金かかるんだな・・・

そ、そうだね。決して安くはないよね・・・

サポート校の活用方法とメリット・デメリット

サポート校はどんな人が、どのように活用するのがベストなのでしょうか?

これを考えるために、サポート校のメリットとデメリットをまとめました。

【メリット】
  • 学習面やメンタル面のサポートが充実している
  • 大学進学対策など、レベルの高い授業も行っている
  • 美容や音楽など、プラスアルファの学びができるサポート校もある
  • 通学の日数が増えるので友達が作りやすい

最初のメリットは、サポートの手厚さ。サポート校は、不登校などの過去を持つ生徒の指導実績を多く持っているんだ。心理カウンセリングや、学力不足に対するきめ細やかな対応が可能なことは大きな利点なんだ。2つ目、3つ目は、高卒資格取得のための勉強以外に、 大学進学や資格取得に向けたバリエーション豊かな学びができること。 そして4つ目は、通学の機会が増えるので友達を作りやすいという利点だよ。

【デメリット】
  • 学費の負担が大きい
  • 心身の負担が増える
  • 公的な学校ではない

最大のデメリットは、前述の通り 多額の学費が掛かること。 次に、学生の心身の負担が増えることも考慮しなければいけないよ。

そもそも通信制に通う生徒は何らかの理由で全日制に通うことが困難なことが多いものだよ。週に何回サポート校に通うかは本人が選べるけど、それでも負担は確実に増えるよ。

人によっては、自宅でコツコツ勉強しているほうが合っているケースもあるんだよ。

そして、最後に挙げられるのは、前述の通り、 サポート校は国に認可された学校ではないという点だよ。 正規の学校の場合、学校教育法の元、学校側の人員や設備等に決まりが定められているんだ。しかしサポート校はこの法律に影響されないんだ。

そのため、極論では、 教員免許を持たない人がビルの狭い一室でサポート校をやるといういい加減な施設に当たることや、経営が立ち行かず潰れてしまったとしても何の保障も無いという危険性があるんだよ。 これは大きなデメリットと言えるよね。

さて、ここで改めてメリットを見てみると、サポート校はリズムを作りやすいことや、高卒資格取得以外の学びができることが大きな強みと言えます。

しかし、これらのメリットを享受するためには、毎週定期的に通学することが求められます。

友達が作りやすいというメリットも、週1日の通学よりは週4日通うほうが可能性が高くなるのは言うまでもありません。

しかし、通学日数を増やすということは、最大のデメリットである学費の負担がさらに増えることにつながります。 大学進学向けの勉強が目的ならば、予備校に通うほうがトータルの学費が安くなることもあります。 安易にサポート校を選ぶのは出費が増えるだけです。

それでは、サポート校の活用方法として、どんな学生がどのように通うのがベストなのでしょうか?

結論をいうと、私立の通信制高校に通う学生のうち、金銭的に余裕のある生徒が自分に合った適切な通学日数を選びながら通うことが最適な活用法だよ。

現在、私立通信制高校は通学を前提とした学校が増え、大学入試対策の講座を行うなど、サポート校との線引がわかりにくくなっています。

しかし、公立通信制高校はいまだに自学自習が基本です。

自分で学習をするのは難しいため、政府発表のデータでも 公立通信制の卒業率 は高くないという数値が出ています。

金銭的な余裕があり、高卒資格取得だけでなく大学進学や資格取得なども考えていて、いわゆるスクールライフも送ってみたいという私立の通信制高校の生徒ならば、サポート校のメリットを最大限に活用できるのではないでしょうか。

な、なるほど、でも親には迷惑はかけれないぜ。

そうだよ。その人に合った最適な選択をすれば良いんだよ。

その選択の一つがサポート高でもあるんだ。あせらなくても高卒資格取得の道は沢山あるよ。後で良い方法を教えるよ!!

い、良い方法!?

サポート校を活用した場合、進学や就職はしやすくなる?

サポート校は学習塾のような位置づけです。

そのため サポート校に通ったからといって、進学や就職が有利になることはありません。 通信制高校には大学の指定校推薦枠が設けられていることがめずらしくありませんが、サポート校にはそれがありません。

就職試験に向けたカウンセリングなどをしてくれることもありますが、それは通信制高校や公的機関でも代替できます。

ただし、大学受験対策や資格取得に力を入れているサポート校もあり、優秀な講師陣を迎え入れていることもあるので、最大限に利用すれば進学も就職も有利になるという考え方もできます。すなわち、本人の頑張り次第なのです。

サポート校を選ぶ際の判断基準

自学自習が基本の通信制高校よりも、実際に日々を過ごすサポート校のほうが人間形成や将来への影響が大きくなることが考えられます。

以下の3つの判断基準を参考にして、慎重に選ぶようにしましょう。

自分の将来のビジョンに合った学びができるか

進学を希望するのか、就職を希望するのか。 それだけでもサポート校選びは変わってきます。

大学入試対策のノウハウを豊富に持つサポート校もあれば、特定の資格取得実績を売りにしているところもあります。ある程度やりたいことを絞り込んでから選ぶようにしましょう。

少人数制授業かつレベル分けの授業が行われているか

入試を経て比較的近い学力レベルの生徒が集まる全日制高校とは違い、さまざまなレベルの学生が集まるのが、通信制高校でありサポート校です。

学生のレベルごとに少人数で授業を行うのは手間も人的コストもかかりますが、これを実現させているサポート校は一人一人への指導が手厚くなります。

学校の雰囲気が引き締まっているか

かつて不登校だった生徒も多く在籍するサポート校では、「まず出席すること」を重視していることがあります。

これ自体は悪いことではありませんが、生徒が出席しやすいように、あまり強い生活指導が行われず、結果、だらけた空気になってしまうケースがまれにあります。

必ずオープンスクールなどに参加し、普段の学生の雰囲気をチェックしておきましょう。

サポート校の実際と実態

前述しましたが、近年、 私立の通信制高校とサポート校の線引が曖昧になり、それぞれの機能を併せ持つ、通学を前提とした通信制高校が多く誕生しています。

本来自学自習が基本の通信制ですが、実際は通学日数が選べるだけの高校という形が増えているのです。

通学の機会が増えればサボることも減るという利点はありますが、両機能を併せ持っているため学費が高くなりがちです。

結果、私立の全日制高校よりトータルの金額が上になるということも起こり、家計を圧迫している実態が浮き彫りになっています。

そして、通信制高校とサポート校で提供される教育の質に関する残念な実態もあります。

2016年3月、通信制高校に関する衝撃的な事件が報道されました。

重要!!

国の就学支援金不正受給の疑いで捜査されていた 広域通信制高校 が、学習指導要領から大きく外れた内容の授業で単位を与えていたという事実が明らかになったのです。

その内容は、遊園地に遊びに行って買い物をし、そこでお釣りの計算をしたことで「数学」、夜景を見て「美術」、駅から歩いただけで「体育」の授業をしたことにするという、にわかには信じられないような指導を行っていたというものでした。

これはごく一部の通信制高校の問題だからサポート校とは関係ないのでは? と思うかもしれません。

しかし、通信制高校とサポート校は密接な関係があるもの。それぞれの経営母体が同じであるというケースは決してめずらしいことではありません。

本来サポート校は通信制高校をスムーズに卒業するための補佐的な教育施設です。

しかし、通信制高校との関係が密接であるがゆえに、 一部の通信制高校では、本来単位を与える高校側が責任を持って行わなければいけないレポートの作成・添削のほか、面接による指導などを提携サポート校に丸投げし、問題になっているケースがあります。

前述したように、サポート校は国が認めた正式な学校ではありません。

極論をいってしまえば、教員免許を持たない人が生徒を教えても問題はないのです。そこに丸投げをするということは、国が定める学習指導要領を順守できない可能性もありえます。最悪の場合、冒頭の事件のようなずさんな指導が行われることも否定できないのです。

もちろん、提携の通信制高校と適切な連携を行い、生徒一人ひとりに寄り添って、きめ細やかな指導を行うサポート校も多数存在します。

しかし、こうした悪しき例があるという実態は知っておくに越したことはありません。

サポート校を使えば卒業率は高くなります。

しかしそうでない場合、通信制高校卒業率は高くありません。

上記でも解説しているようにお金で高校卒業資格を買うというようなイメージも広がっています。

決してすべての通信制高校がそうではありませんが、実際にそういったような通信制高校があるのは事実。

もしあなたが通信制高校卒業の先に何か目的がある場合、通信制高校を卒業するしかその先の道へ行く方法がないのかを今一度、考えてみてはどうでしょうか。

ま、負けてたまるか。

だけどよ、その・・・ 良い方法。 ってなんだよ。

そ、それはね・・・

つづく

>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

お電話のお問い合わせはここをタップ
フリーダイヤル 0120-935-663
簡単1分!いますぐ 無料資料請求