関連 記事
HOME
高卒 認定1
高卒 認定2
人気 ページ
関連 リンク

通信制高校は楽しい?辛い?後悔する?世間のイメージは?恥ずかしい?

>>高卒認定の無料資料はココ<<

「通信制高校って楽しいですか?」

「通信制高校卒業して世間のイメージは?」

「後悔する人はいますか?」

生徒:Yより

通信制高校は楽しいかどうかは入学前には気になる所です。ここではー

目次

ーこれらを解説します。

通信制高校って楽しい?辛い?

通信制高校 に通っている人たちは、どんな思いを抱いているのでしょうか?

個人の考えや、通っている学校によって感じ方は変わりますが、通信制高校の「楽しい」「辛い」それぞれの代表的な意見を3つずつ見てみましょう。

【楽しいと思う理由】
似た境遇の人が多く、友達ができた

通信制高校にはさまざまな学生が通っています。

一芸に秀でていて、すでに社会で活躍を始めているため通信制を選んだというポジティブな理由の人もいれば、家庭や心身に関する複雑な事情を抱えて入学してくる人もいます。

実際のところは、後者のような生徒が多数を占めています。

すると、必然的に 似た悩みを持つ学生が多くなり、互いへの理解が進み、友達ができやすい という状況が生まれます。

注目!!

また、「先生と友達みたいになれた」という声もあるよ。

通信制高校の先生は比較的フレンドリーで、生徒個人の事情をしっかりと聞いてくれるケースが多いので、こういう意見が出てくるよ。

全日制高校では学べないことが学べている

私立通信制高校の場合、高校卒業を目指す勉強のほかに、さまざまな学びができることをアピールしている学校があります。

注目!!

英語やIT関連のほか、音楽、ダンス、ビューティ、スポーツなどさまざまなカリキュラムがあり、 必修科目以外の分野に興味がある学生がこうした学びを楽しいと思うことが多いようなんだ。

遅れていた学力を取り戻せた

「本当は勉強したかったのに何らかの理由で中学も充分に通えなかった」。

通信制にはそういう人が少なからずいます。

レベルについていけなくなると、勉強は途端につまらなくなってしまうものですが、 学校によってはかなり初歩的な内容からフォローするところもあり、その結果、勉強が楽しくなってきたという声があります。

俺は連れが出来ることがよさそうだな。

それは人それぞれですね。

【辛いと思う理由】
あまり友達ができない

前述の通り、通信制高校にはさまざまな生徒がいます。

中には派手な見た目の人や、他人とコミニュケーションを取ることを避けている生徒もいます。

こうした人が多い学校に入ってしまった場合、彼らと上手くやれず、結果として 孤立してしまい、学校に行くのが辛いと 思う生徒も少なからずいます。

自宅で勉強をすることが苦痛

通信制高校のスタイルはさまざまですが、基本的には自宅で能動的に学習を進めることが求められます。

大学進学 を目指していないのならば、自宅では レポート を作成するくらいで構いませんが、それだけの勉強量でも 家で一人で勉強することは孤独で辛い と思う人がいます。

勉強のレベルが低すぎる

一般的に通信制高校ではあまり高いレベルの授業が行われません。

学力が平均以上あるにも関わらず、心身に関する事情で全日制を選べなかった生徒の場合、 勉強レベルの低さに将来への不安を感じてしまい、辛くなってしまう というケースがあります。

俺はレベルが低いほうが助かるぜ。

勉強好きな人あまりいないもんね。

通信制高校入学を後悔する人の理由

「通信制高校ではなく、別の道を選べばよかった……」。

そんな思いを抱いてしまった人には、どんな後悔の理由があるのでしょうか? それぞれに対する対処法と併せて紹介します。

単位が取れず卒業できそうにない

能動的に勉強をするのは大変なことです。

それが3〜4年続くとなるとなおのこと。

継続して努力し続けるのは並大抵の思いでは難しいことでしょう。

「全日制に入学できるけど、毎日学校に通うのは面倒だから通信制を選んだ」などの後ろ向きな理由では、次第に続かなくなり、 結果卒業できず、全日制に行けばよかったと後悔 したというケースが見られます。

注目!!

この後悔をしないための対処法は、「サポート校などに通い、勉強しなければいけない状況を作り出す」ことだよ。

ある程度の学習計画も示してくれますし、定期的に通うことでやる気も保たれるよ。ただし、学費がかさむことには注意が必要だよ。

学力レベルが上がらず、大学入試で苦労した

大学入学を目指す学生の場合、学力レベルの引き上げに苦労するケースがあります。

塾や予備校などで 全日制の学生と一緒になった際にレベルの差を感じてしまい、通信制高校という選択を後悔 することがあります。

これに対する対処法は、ほかの人よりも早く勉強を始めることしかありません。

注目!!

全日制高校に通う学生の場合、余程高レベルの大学を志望するのでない限り、2年次くらいから塾や予備校に通い出すのが一般的だけど、通信制高校に通っていて大学進学を目指す場合は、1年次から通い始めることをオススメするよ。

また、通う塾や予備校は、通信制高校の学生を受け入れた実績があるところを選ぶと良いよ。

就職面接の際に不利だった

残念ながら就職面接の際に通信制高校に通っていたことが不利に働き、合格できなかったというケースはありえます。

通信制といえども立派な 高校卒業資格 なわけですから、本来はそれで評価が低くなるようなことがあってはいけません。

注目!!

しかし現実問題として、採用担当者が通信制高校に偏ったイメージを持っていて、よい結果に結びつかないことがあるよ。

大学入学を考えていない場合、 通信制高校卒業が最終学歴となるので、就職を控えた際に自分の学歴を後悔してしまう人が少なからずいるよ。

通信制高校に対して世間の人が抱くイメージと、そのイメージに対処するための方法は次項で詳しく解説します。

通信制高校の世間のイメージは?恥ずかしい?

前項で説明したように、通信制高校を卒業したことが就職の際にハンデとなってしまうケースは、残念ながらあります。

また、「結婚の際に相手の両親からよく思われなかった」や「職場で会った人たちと距離を感じてしまった」などというケースもありえます。

こうした状況が起こってしまうのは、世間の人が持つ通信制高校に対するイメージによるものです。

一般的に通信制高校に通う生徒は「何らかのハンディを背負っている」「継続して何かをやり続ける根気がない」といったイメージを持たれてしまいがち です。

特に就職の場合、根気がないと判断されることは致命的です。このイメージを覆すためには、以下2つの対処法を頭に入れておくとよいでしょう。

こういったことから通信制高校を入学することを人に言えず恥ずかしいと思う人もいます。

通信制高校を選択した理由を明確に伝える

相手を納得させられる理由を伝えることが何よりも大切です。

注目!!

もちろん単純に「楽をしたかったから」などという理由では、イメージの悪化は避けられないよ。

入学時の状況を簡潔に伝え、その際に 何らかのハンディを持っていたとしても、現在はそれを克服したということを明確に伝えると良いよ。

最終学歴を大卒にする

実際のところ、世間の人が気にするのは最終学歴です。

それ以前にどんな学校に通っていたかが問題になるケースは多くありません。

全日制からでも、通信制・定時制からでも、 高卒認定 からでも、大学に進学すれば、世間の人に対して「昔は色々とあったみたいだけど、努力してそれを克服した人だ」というイメージを植えつけることができます。

大多数の他の学生と違う道なので、面接で話が弾みやすく、逆に有利になることさえあります。

通信制高校の世間のイメージや恥ずかしいと思う感情は上記のようなことで驚くほど変わってきます。

恥ずかしいと思ってるだけでは自分が思っているような結果を招くだけになるでしょう。

終わり良ければって奴だな。

お、タマには気の利いた事言うんだね。

・・・

通信制高校のイメージはその人が卒業後にどうするかによって変わってくる可能性は高いでしょう。

最終学歴が大学卒であれば世間は通信制高校卒業してようが関係がありません。

しかし、 通信制高校卒業だけであれば高校卒業に変わりはありませんが先ほどにも述べたようにイメージはそれなりというのが実際です。

つづく



>>高卒認定の無料資料はココ<<

資料請求


ページ
TOP

お電話のお問い合わせはここをタップ
フリーダイヤル 0120-935-663
簡単1分!いますぐ 無料資料請求